1. ホーム
  2. 転職コラム
  3. ≫会社辞めたいけど田舎で仕事がないから転職先が見つからない人の対処法

会社辞めたいけど田舎で仕事がないから転職先が見つからない人の対処法

田舎で転職したいけど仕事が見つからない男性

  • 給料安い。人間関係が辛い。仕事量が多い。長時間労働過ぎる。
  • 田舎はこんなことがあってもなかなか仕事が辞められない。
  • なぜなら、田舎には他に仕事がないから。

田舎で仕事が辞めたくなっても、このような理由で思いとどまってしまう人は多いです。

転職したくても別の転職先がないから、苦しくても同じ会社で働き続けてしまうんですよね。

田舎だからこその事情であり、気軽に転職できない不自由さは都会より大きいです。

スポンサーリンク

仕事辞めたい!と思っても仕事が無いから転職が難しい田舎

仕事が無くて転職が難しい田舎

田舎は、都会に比べて仕事が圧倒的に足りないです。

そのため「仕事辞めたい!」って思っても、他に仕事が無いから転職するのがなかなか難しいんですよね。

例えば給料が安かったり、人間関係が悪かったり、残業が多すぎて深夜まで仕事の毎日だったり・・・。

苦しくて辛くて、仕事を辞めたくなることは田舎でももちろんありますが、そんな時「逃げ場」がないのが田舎です。

会社を辞めたくても、他に行ける場所がないからです。

ハローワークに行ってみても、絶望的に求人がありません。

もちろん求人がゼロってわけじゃないのですが・・・求人があっても、ものすごく条件が悪い仕事ばかりが出ているので、「転職したいな」なんて思えないんです(涙)

「他に仕事がないから、今の仕事がどんなに苦しくても我慢してしまう」こういう悪循環が田舎には生まれてしまうわけですね。

 

田舎にはろくな仕事がない!田舎でできる仕事って何?

田舎でできる仕事

いくら「田舎には仕事が少ない」といっても、今の会社が耐えられないほど辛いなら、転職した方が良いです。

でも田舎には、IT企業や商社などはほとんどないし、事務職すらものすごく少ないんですよね。

都会で人気がある仕事は、ほとんどないと思っておいた方が良いでしょう。

とはいえ、職を選ばなければ仕事はあります。

特に田舎でできる仕事、田舎だからこそ求められている仕事は、以下の通りですね。

もし田舎で転職を考えるなら、以下の4つの選択肢がメインです。

 

地元企業

一番無難なのが、地元の企業に転職することですね。

田舎になればなるほど、良い条件ではない会社も多いですが、安心や信頼感はあります。

また倍率は高いですが、役場などの公的機関や地方銀行に転職できれば、安定と共に高い給料も得られるので良いですね。

 

介護職

田舎は高齢者が多いので、介護職の需要は大きいです。

しかも介護職は、未経験・無資格でもできることが多いんですよね。

それくらい人手が足りていないという証拠でもありますが。

介護職は、技術よりも人柄やコミュニケーション能力の高さで採用が決まります。

なので、「経験がないから」「資格がないから」と尻込みせず、やりたい気持ちさえあれば転職してみても良いでしょう。

ただし、介護職は体力的に相当キツイというデメリットがあるので、覚悟は必要です。

 

農業・漁業・林業・畜産業

農業・漁業・林業・畜産業などの一次産業は、田舎ならではの仕事ですね。

一次産業の担い手は減る一方だし、後継者に悩んでいる人もいます。

自然に触れながら仕事ができるというのもメリットなので、興味がある人は一次産業に転職するのも良いでしょう。

 

自営業・起業

いっそのこと、起業して自営業者となってしまうという手もあります。

古民家カフェやゲストハウスの経営など、田舎でできることはいろいろありますよね。

今ならインターネットビジネスもあるので、ネットショップ経営をしたり、クラウドソーシングで生計を立てる人もいます。

最近では、田舎在住のフリーランスや起業家も増えていますよね。

今あなたが田舎に在住していて、転職先の少なさに悩んでいるなら、起業してしまうというのも選択肢の一つです。

 

田舎で転職したいならハローワーク!

ハローワーク

実は、田舎で企業に転職する時に使える機関はたった一つしかないんですよ。

そう、それは「ハローワーク」です。

 

ハローワークに行こう

田舎のハローワーク

田舎では、転職するならハローワークを使うしかありません。

転職エージェントや転職サイトは都会の求人が多く、田舎の求人はほとんどないからです。

リクナビNEXT@typeなどの転職サイトを使うことは田舎でもできますが、地元企業の求人はあまりないんですよね。

田舎には中小企業が多く、お金をかけてまで求人を募集する余裕がないんですよ。

だから田舎ではむしろ、ハローワークにこそ求人が多いんです。

地元に密着した求人がたくさんあるのがハローワークなので、田舎で仕事を探すならハローワークがベストですね。

ただし、ハローワークで求人を探すのが最善とはいえ、そこにある求人の質が良いとは限りません。

私は実際に田舎でハローワークの求人をいくつも見ましたが、「いいな」と思える求人はほとんどありませんでしたね。

賞与がない求人も多いし、賞与があると書いてあっても実際は無しの会社もあると、ハローワークの職員に言われました。

休日日数が平均の半分以下の仕事、正社員なのに給料が10万円程度の仕事もありましたね。。都会のパートの方がマシやん・・・というものも多かったです。

つまり、田舎の仕事はハローワークで探すしかない+低賃金な仕事が多いってことです。

でも、たまに高賃金の仕事(といっても都会では普通クラスの賃金)も出てくるので、何回もハローワークに行って仕事を探すのがコツですね。

田舎でより良い会社に転職したいなら、足しげくハローワークに通い、高賃金な仕事の求人が出るまで待つ、これしかありません。

 

都会に上京して転職サイトや転職エージェントを使う

都会の転職エージェントのビル

田舎で転職するのを諦めて、いっそのこと都会に上京してしまうというのも有りです。

どうしても田舎にいなくてはいけない人ならともかく、都会に引っ越すことができる人なら、都会に行ってしまった方が良いですよ。

私は一度田舎で転職しましたが、やっぱり最終的には都会に出てきました。

田舎よりも都会の方が求人は多いし、選択肢は圧倒的に増えます。

自分のやりたい仕事に就けるし、転職先も多いので、可能性が広がりますからね。

都会なら、ハローワーク以外にも転職サイトや転職エージェントを使うことができます。

特に転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーがあなたにピッタリな好条件の仕事を紹介してくれるので、質の良い会社に転職することができるんですよね。

田舎であまり条件の良くない会社に転職して辛い日々を過ごすより、都会の条件の良い会社に転職した方が、後々楽に生きられるようになります。

田舎にこだわりがない、田舎にいる必要が特にない、都会に引っ越すことができるという人は、できれば都会に引っ越すことも検討してみてください。

「都会にはどんな仕事があるのかな?」と疑問に思ったら、まずは転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトは、登録したからといってすぐに転職しなければいけないわけでもないので、事前に今登録してみて、都会にどんな仕事があるのか覗いてみてください。

転職サイトは、以下の2社に登録しておけば間違いないです。

※「絶対に都会に引っ越してすぐに転職する!」と決めている人は、転職エージェントへの登録がおすすめです。

 

【まとめ】田舎は転職エージェントが使えず仕事も少ない!将来を見据えて上京も考えよう

都会で転職することを決意した男性

田舎だと、仕事を辞めたくても次が見つからず、なかなか辞められません。

仕事が辛い人は、転職したくてもできない現状に悩んでしまうことが多いです。

ハローワーク一択しかないのが残念ですが、地域密着の仕事を探したいならハローワーク以外にありません。

平日しか行けないですが、何度もハローワークに行って、たまに出る好条件の求人を逃さないようにしましょう。

もしできるなら都会に引っ越して、より良い会社に転職することも検討してください。

たくさんの転職先がありますし、転職エージェントや転職サイトも使うことができるからです。

給料が高かったり、自分のやりたい仕事に就けるのも、都会ならではの魅力。

いずれ都会に出るつもりなら、どんな仕事があるのかを見るだけでもいいので、転職サイトや転職エージェントに登録してチェックしてみてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

シェアをお願いします。