1. ホーム
  2. 転職コラム
  3. ≫ストレス大爆発!理不尽な上司が嫌いで仕事を辞めたい時の対処法

ストレス大爆発!理不尽な上司が嫌いで仕事を辞めたい時の対処法

上司が嫌いで仕事を辞めたい男性

嫌いな上司がいるだけで仕事自体も苦痛になり、毎日職場に行くのがストレスになってしまいますよね。

「上司が嫌い!」という人は、結構多いんですよ。

退職理由の本音ランキングでも、なんと「上司がイヤ」という理由が堂々の1位なんです!

上司との関係ってそれくらい仕事に大きな影響を及ぼしますし、会社を辞めるきっかけにもなってしまうんですよね。

今回は、その嫌いな上司についてや、上司が嫌いで仕事を辞めたくなったときの対処法をご紹介します。

もう我慢できない!部下が上司を嫌いになる理由

上司嫌いアンケート調査(マイナビ転職)

画像引用「上司が嫌いで辞めたい!」実際に転職した人はXX%。退職理由にしていいの?~マイナビ転職~

マイナビ転職のアンケート調査によると、「職場に嫌いな上司がいる」と答えた人は約7割です。

つまり、多くの人が「上司が嫌い」と感じている、というわけですね。

私も仕事柄あちこちの職場の人と話すのですが、彼らの話を聞くと、「なぜこんな性格の人が上司になれたのか」と思う人が上司だったりすることが多いです。

上司が嫌われる理由は、

  • 理不尽で自分勝手・自分の事しか考えていない
  • 感情的・気分屋で機嫌に振り回される
  • 自分のやり方を押しつける
  • 部下によって態度を変える
  • 仕事に対して厳しく叱責ばかりする
  • 仕事の手柄を自分のものにする
  • 仕事が出来ない・使えない

こんなタイプの人が多いからなんですよね。普通に考えて、嫌われてしまいやすい性格ばかりです。

むしろこんな性格の人だからこそ、上に行けて上司になれるのかもしれませんね。

ただ、上司は部下より権力がある立場になるため、傲慢な性格になりがちなんです。

上司自身が意識して自分を律しないと、往々にしてこういう性格の上司となってしまうわけなんですよね。

それでも、上司だからといってやりたい放題されては困ってしまいます。

上司のイヤな性格について、まずひとつひとつ見ていきましょう。

 

理不尽で自分勝手・自分の事しか考えていない

理不尽で自分勝手、自己中心的な上司は結構います。

部下のことを思いやることもなく、自分の事しか考えていない上司のなんて多いことか・・・。

理不尽に怒ったり、自分の事ばかりの上司は嫌われやすいですね。

 

感情的・気分屋で機嫌に振り回される

感情的で気分屋な上司も、結構多いですね。

感情の起伏が激しくすぐカッとなって怒ったりして、部下にキツく当たったりします。

また、気分屋で機嫌がコロコロと変わる上司だと、さらに大変ですね。

朝は機嫌が良かったのに、夕方になったら不機嫌になっていたり・・・と、頻繁に気分が変わるので、いつも上司の顔色を伺っていなくてはなりません。

機嫌が良い時はいいのですが、機嫌が悪い時はネチネチ文句を言ってきたりと面倒な上司も多く、部下は振り回されてどんどんストレスがたまっていきます。

 

自分のやり方を押しつける

人によって仕事のやり方は様々なのに、「自分のやり方が絶対だ」と思ってしまう上司もいます。

そんな上司は、自分のやり方を部下に押しつけてくる傾向がありますね。

上司と部下では、仕事の処理速度や能力などに大きな違いがあります。

なのに「自分はこれで成功したから、同じようにやればできるはずだ」とやり方を押しつけてくる上司もいるんですよね。

上司に自己流を押しつけてこられると、部下は息がつまってしまいます。

 

部下によって態度を変える

部下によって態度を変える上司も、嫌われる代表格です。

自分の好きな部下・気に入った部下には優しくし、嫌いな部下・気に入らない部下はぞんざいに扱うなど。。幼稚に感じますが、こういった上司も結構います。

上司が人間的に未熟だからこその行動ですが、自分を適当に扱われたら悲しくなるし、やはり嫌いになってしまいますよね。

 

仕事に対して厳しく叱責ばかりする

仕事の進め方や成果の出し方は、人それぞれです。

上司と全く同じようには仕事できないし、同じように成果を出すこともできませんよね。

上司の期待に応えられるような人ばかりではないし、中には人より仕事が遅い人もいるでしょう。

そんな時、上司が部下に厳しく叱責ばかりするケースもあります。

怒られて怖いと感じない人は少ないので、叱責ばかりされたら上司を嫌いになる部下がほとんどですね。

たまに注意するくらいは上司として必要な時もありますが、怒り過ぎる上司はNGです。

執拗に叱責されたり、みんなの前で叱られたりしたら、恥ずかしくて自信をなくしてしまいますよね。

こんな、仕事に関して叱ってばかりの上司も嫌われやすいです。

 

仕事の手柄を自分のものにする

”仕事のミスは部下のせいにして手柄は自分のものにしてしまう”、という上司もいます。

これをやられた部下は、相当な精神的苦痛を味わうんですよね。

部下の手柄を横取りしてしまう上司は、最も嫌われてしまうパターンです。

 

仕事が出来ない・使えない・無能

部下より仕事が出来ない・使えない無能な上司も嫌われやすいですね。

仕事が出来ない上司は、立場が上なだけに困った存在になりやすいです。

特に年功序列の風潮が強い会社には、こういった仕事が出来ない上司が多いですね。

あまりにも使えない上司は的外れな指示も多く、部下はイライラがどんどんたまっていきます。

 

むかつく上司にイライラした時にすぐに出来る対処法

「仕事を辞めたい」というほどではないけど、上司にイライラしてムカついてしまうってこともありますよね。

そんな時、すぐに気持ちを収めるにはどうしたらいいのでしょうか?

むかつく上司へのイライラを収める対処法は、以下の通りです。

  • 説教をうまく聞き流す
  • 上司の言葉を真に受けない・真剣に話を聞かない
  • 自分とは別の生き物だと思うようにする
  • 甘いものを食べる
  • アロマの香りを嗅ぐ
  • 共感してくれる知人や友人に上司の愚痴を言う

一つ一つ、見ていきましょう!

 

説教をうまく聞き流す

説教ばかりの上司の場合、話をうまく聞き流すことが大事です。

上司はただ話したいだけの場合も多いので、相槌を打って聞いてあげるだけで十分なんですよ。

説教をされた場合、申し訳なさそうに聞いているだけで上司は満足します。

上司の説教は、”右から左へ聞く”という感じで聞き流してあげましょう。

 

上司の言葉を真に受けない・真剣に話を聞かない

先程の「聞き流す」と似た意味になりますが、上司の言葉を真剣に聞いてしまうから苦しみが生まれるのです。

「自分が責められている・自分の価値が落とされているように感じる」から、上司の説教が辛くなるわけですね。

でも、あなたは決して悪いわけではありません。むしろ、上司の方が何もわかっていないんです。

上司はあなたを褒めて伸ばす能力もなく、あなたに説教ばかりしてヤル気を失わせることしかできない、いわば無能な上司なわけなのですから。

つまり、「出来ない上司」なのです。あなたの士気が落ちているんだから、ダメ上司ですよね。

そんな無能な上司の言葉を真に受ける必要はありません。

真剣に話を聞かないようにすれば、あなたの感情が振り回されることも少なくなります。

ムカついたりイライラすることも少なくなるので、上司の話はすべて話半分に聞いてあげましょう。

一件不真面目な考え方のようにも思えますが、こういう姿勢の方が心が平穏に保たれて仕事が長続きします。

真面目過ぎて自分を追い込んでしまう方は、ぜひ「上司の話を真に受けない」という姿勢を採用してみてください。

 

自分とは別の生き物だと思うようにする

上司があまりにも理不尽なことを言ってきた場合、自分とは全く違う感覚に驚かされて消耗してしまうことがありますよね。

そんな場合、上司の事を「自分とは全く違う生き物だ」と思ってみましょう。

人間ではない違う生き物だと思えば、この全く理解できない感覚の上司は「仕方ない」と思うこともできるでしょう。

上司のことを例えば、「宇宙人」だと思ってみるのも一つの方法ですね。

宇宙人なんだから、感覚が驚くほど違って当たり前なのです。

そう思えば、あまりにビックリする言動をしてきても、「人間じゃないんだから仕方ない」と思って多少は流すことができるようになります。

「上司は宇宙人だから仕方ない」と思えば、自分のイライラの軽減につながるのでおすすめですよ。

 

甘いものを食べる

上司にムカついた時、甘いものを食べてイライラを抑えるという方法も有効です。

甘いものを適度に摂取すると、ストレスの解消効果を得られるんですよ。

中でも特に、チョコレートはおすすめです。

脳が疲れた時にチョコを食べたら疲労が回復した経験は、多くの人があると思います。

チョコには脳の疲労回復効果だけでなく、心の疲労回復効果まであるので、ストレス解消には良いんですよ。

摂取のし過ぎは良くないですが、チョコなどの甘いものを食べてイライラを解消するというのも一つの方法です。

 

アロマの香りを嗅ぐ

アロマの香りは、ストレスを解消してくれます。

上司にイライラしたら、アロマの香りを嗅いでリラックスするというのも一つの方法ですね。

ただし、職場なのでアロマポッドなどで香らせるわけにはいかないのがネックです。

自分のハンカチやティッシュなどに数滴アロマオイルをたらし、それを嗅いでリラックスするのがベストですね。

ただし、この方法でも香りが職場に充満してしまうと、他の人に嫌がられる可能性があります。

アロマオイルの香りを楽しむときは、周囲に香らないような配慮が必要ですね。

自分だけがアロマオイルの香りでリラックスできるように、工夫して使ってください。

 

共感してくれる知人や友人に上司の愚痴を言う

共感してくれる知人や友人に、上司の愚痴を言うのもストレス解消になります。

上司にイライラした瞬間にできる対処法ではありませんが、後々でも人に話すことでスッキリできるので、かなりのストレス軽減方法ですね。

愚痴はもちろん言い過ぎは良くないですが、あまりにも辛いことを一人でため込むのもよくありません。

誰かに話して、「それは上司が酷いね、あなたは悪くないよ」と言ってもらうだけで救われることもあります。

上司に対するストレスが抱えきれなくなった場合、一人でため込まず、信頼できる知人や友人に共感して話を聞いてもらうのも良い方法ですよ。

 

うざい上司が嫌いで仕事を辞めたい時の対応

上司が嫌いで仕事を辞めたい男性

では、上司が嫌いで仕事を辞めたいと悩んだとき、どのように対応すればその状況が変わるのでしょうか?

ちょっとイライラするくらいならまだしも、上司が原因で「仕事を辞めたい」とまで思ってしまうなら、かなり深刻ですよね。

上司が嫌いで仕事を辞めたい場合の対処法は、以下のようなものがあります。

  • 仕事だと割り切って必要以上に関わらないようにする
  • 具体的な仕事の成果を出す
  • 上司を好きになる努力をする
  • 上司の上司に相談する
  • 第三者の機関に相談する
  • 異動希望を出す
  • 転職して退職する

このようにいろいろな対応方法がありますが、実はどれが正解とは断定できません。

自分が「やってみたい」と思う方法を採用してみてください。

 

仕事だと割り切って必要以上に関わらないようにする

嫌いな上司がいたとしても、仕事だと割り切って普通に接したり、必要以上に関わらない・話さないという人は多いです。

「仕事なんだから別に上司と仲良くなくてもいい」と考えられる人には向いていますね。

お金を稼ぐためと割り切って、上司とできるだけ関わらず仕事をするのも有りです。

ただあまりにも上司が酷くて辛い場合は、このように割り切れないケースもありますね。

「嫌いな上司とあまりかかわらないようにすればなんとか仕事をしていける」と思える人なら、こうやって割り切ることもおすすめです。

 

具体的な仕事の成果を出す

仕事で成果を出しさえすれば、上司は文句を言うこともできません。

上司が仕事に関してあれやこれやとダメ出しをしてくるようなタイプなら、仕事ができるようになって上司に口出しをさせないようにすればいいのです。

ただ、これも口で言うのは簡単ですが、意外と難しいですよね。

上司によっては仕事で結果を出そうが難癖をつけてきたり、部下の頑張りを認めずけなすだけだったりするので、意味がなく終わる場合もあります。

ただ、仕事ができるようになるのは自分のためには良いことなので、がんばってみる価値はありますね。

 

上司を好きになる努力をする

あまりに上司を嫌っている場合は難しいのですが、上司を好きになる努力をするのも一つの方法です。

「嫌いな人を好きになるなんてしたくない!」なんて人もいますが、もしこのまま職場に居続けて「上司嫌い」って思い続けるよりはマシだと思いますね。

人間はひとたび相手を嫌いになると、イヤな面ばかりにどんどん意識が向いてしまうものです。

意図的に上司を好きになる努力をしなくては、上司との関係は悪化するばかりなんですよね。

私は上司が嫌いで会社を辞めた経験がありますが、上司が嫌いになり過ぎていたため、この「上司を好きになる努力」とやらを全くしませんでした。

その後年月が経ってから思うのは、「上司を好きになる努力をしてみれば良かった」ということです。

上司との関係は自分の心が反映されていますし、自分が「上司を嫌い」と思っているからこそ、上司も自分を嫌いになってしまい、関係が悪化していったのかなとも思えました。

仕事が忙しすぎて上司を好きになる暇もなく、上司に追いつめられていたので、好きになる努力をしようという発想すら思いつかなかったのですが、今では「もうちょっとだけがんばれば良かったかな」と思うこともあります。

特に、「上司の良いところをみつけて(心の中で)感謝する」ということをやってみればよかったなと思いました。

実はそれ以前の会社でも関係が微妙だった人がいたのですが、心の中でその人に感謝したり仲良くしたりしてみたところ、なぜか関係が良くなった経験があったんです。

おそらく、私のその人への態度が無意識に軟化したのでしょうね。だから、相手も私に気を許してくれるようになったのだと思います。結構仲良くなりました。

その経験があるにもかかわらず、なぜその嫌いな上司にはそれをしなかったのか・・・と今では悔やまれます。

「どうせ辞めるにしろ一度は試してみれば良かった、もしかしたら関係が少しは改善されたかもしれない」と、かすかな後悔となって残っているんですよね。

もし上司との関係をなんとかして改善したいという人は、心の中の上司への意識を変えてみるのもいいかもしれません。

  • 些細なことでも上司に感謝してみる
  • 上司の長所を見つける
  • 上司と仲良くしているイメージをしてみる
  • 上司に幸せが降り注ぎますようにと幸せを願ってみる

などなど。

あまりにも上司を嫌っていると難しいかもしれませんが、関係を悪化させたくないなら、こういったことも有効です。

自分に感謝してくれたり、幸せを願ってくれる相手の事を嫌いになる人間などいませんしね。自分の意識が変われば、上司も変わってくれる可能性は十分にあります。

また、人間の脳は相手と自分を区別できないので、上司の幸せを願うということは自分の幸せを願っているのと同じことになります。

上司のためというよりは自分のために、意図的に「上司に感謝する・幸せを願ってみる」というのも一つの方法ですよ。これは後々自分の役に立つので、おすすめです。

ただし、あまりにも上司がキツくて現状が辛い場合は、この方法は使えないと思います。

無理に上司に感謝したり好きになろうとして、逆に自分が追いつめられてしまうなら、この方法は使わず上司を嫌いなままでOKですし、そんな自分を許してみてくださいね。

 

上司の上司に相談する

上司よりさらに上の上司に相談する、という方法もあります。

問題の上司について悩んでしまい、どうしようもないなら上司の上司に相談してみるのも有りですね。

とはいっても、さらに上の上司に相談したことを問題の上司に知られてしまうと、その後上司との関係がさらに悪化する可能性もあるため、なかなかできない人も多いです。

かくいう私は話す気は全くなかったのですが、上司の上司に悩んでいることがバレてしまいました。

そこで相談に乗ってもらったのですが、あまり頼りにはならなかったですね。。(家で好きな音楽でも聞いてストレス発散したらどうだい?と言われました(笑))

でも、”悩んでいることを上に相談したら問題上司を違う支店に異動させてくれた”、なんていう事例もあるので、効果的な場合もあるんですよね。

この場合は相当なパワハラ上司だったので、部下がかなり追いつめられてのことだったので、特殊例かもしれませんが・・・。でも、このように親身になってくれる会社もあります。

相談に乗ってくれて打開策を一緒に考えてくれる可能性はあるので、あまりにも辛かったら、上司の上司に相談するというのも一つの方法ですよ。

 

第三者の機関に相談する

ただ単に上司が嫌いというだけでなく、パワハラやモラハラまで受けている場合は、我慢せず第三者の機関に相談することも必要です。

会社に設置されている相談窓口に頼ってみたり、社外のカウンセラーに相談したり、労働基準監督署に相談してみるのも良いでしょう。

ただ、あまり役に立たないケースもあります。

ちなみに私の場合、

  • 会社に設置されている相談窓口 : 休職を勧められただけだった
  • カウンセラーに相談 : ただ話を聞いてもらうだけで根本的解決にはならなかった
  • 労働基準監督署に相談 : 「会社の状況を見に行きます」と言われたが、上司との関係が余計に悪化するだけなので辞退した

こんな感じで意味がなかったので、頼りになりませんでした。あくまでも個人的な意見ですが・・・。

ただ、第三者機関に相談することによって、解決策を一緒に模索してもらえる可能性はあります。

「上司が嫌い」にとどまらず、それ以上の苦しみを感じているなら、第三者の機関に頼ってみるのも有りですね。

 

異動希望を出す

”異動希望を出す”ということも、嫌いな上司から離れる手段の一つです。

上司が異動してくれれば一番良いのですが、待っていられない場合は自分から異動してしまうのが手っ取り早いですね。

大きな会社だったら社内で違う部署に行けば嫌いな上司から離れられますし、違う支店に異動できれば全く会わなくなることも可能です。

上司の上司に相談できる環境なら、この時点で異動希望をお願いすれば意外と早く異動できるでしょう。

もし誰にも話せない状況なら、「上司が嫌いだから」とは言わず、別のポジティブな理由をつけて異動願いを出すことをおすすめします。

 

転職して退職する

上司があまりにも嫌いで辛く、異動もできない状況なら、転職してしまうのも有りです。

その会社を退職してしまえば、嫌いな上司とは二度と会うことはありません。一番楽で確実な方法ですよね。

ただ、これはいろいろ試してから最終手段として実行した方が良いです。

次の職場に行ってもイヤな人・イヤな上司がいる可能性は十分にありますし、「前の職場の方がまだ良かった」なんてことにもなりかねません。

それでもあまりにも酷い上司の元で働いているなら、追いつめられて心身を壊す前に転職した方が良い場合もあります。

無理をし過ぎるのも良くないので、いろいろ頑張っても改善できないなら、転職を考えてみるのも一つの方法ですよ。

 

上司が嫌いで辞めるとしても退職理由にしてはいけない

上司に嫌いと言わずに退職するか迷う男性

上司が嫌いで辞めるとしても、次の転職先はもちろん、今の会社にも本音を言ってやめるようなことはしない方がいいでしょう。

会社を辞めたとしても、今後どこでどうつながるか、どう縁があるかわかりません。

上司本人に向かって「あなたが嫌いだから辞めます」といっても、別に上司の退職につながるわけでもないし、嫌われてその後自分が損をする可能性の方が高いのです。

円満退職した方が自分のためなので、無難な退職理由を伝えて辞めるようにしましょう。”立つ鳥跡を濁さず”、です。

 

【まとめ】上司が嫌いで辛すぎるなら転職して辞めるのも有り!

転職して上司から離れて新たな道に行く男性

上司が嫌いだと仕事自体も楽しくないし、毎日が憂鬱になってしまいますよね。

「上司が嫌い」くらいならまだ良いのですが、「上司が辛い」までいってしまうと、一緒に仕事すること自体が苦痛になってしまいます。

かくいう私も、上司が嫌いで辛すぎて、会社を辞めた経験があります。

毎日上司の栄転を祈っていましたが(栄転になれば上司が異動するからです(笑))、全くならないので、結局自分が転職することにしたんですよ。

でも、最終的にはそれが一番良い結果となりました。

今はあの嫌いな上司と会わずに済んでいるし、良い人たちに恵まれてストレスフリーな仕事生活を送っています。

「上司が嫌い」といっても耐えられる程度なら良いのですが、あまりにも辛いなら転職を視野に入れてみるのも良いと思います。

新しい職場には、あなたと気の合う上司がいる可能性だって十分にあるんですからね。

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像