1. ホーム
  2. 転職コラム
  3. ≫今すぐ仕事辞めたい!動悸がするほど上司が怖いなら会社を退職しよう

今すぐ仕事辞めたい!動悸がするほど上司が怖いなら会社を退職しよう

怒る怖い上司

  • ちょっとしたミスでも激しく怒られる
  • 言葉遣いも悪いし怒鳴る
  • いつもイライラしているので近づきがたい

こんな上司ってたくさんいますよね。

「ドラマや映画の中に登場するような優しい上司がいたらなぁ」と夢見るものの、現実は怖い上司が多いです。

ただ怖いと思うだけでなく、心身に不調が出てくるほどになったら危険な状態ですね。

結論から言うと、体調不良になるほど上司が怖いなら、もう離れた方が良いでしょう。

いつまでもその上司のもとにいると、心身がさらに悪化して、完全に壊れてしまう可能性があるからです。

上司が怖くて心身に何らかの症状が現れるほどなら、異動・転職・退職を考えましょう。

スポンサーリンク

無料で登録可能!転職サイトランキング

そもそもなんで上司はそんなに怖いのか

怖い上司

怖い上司って、多いですよね。でもどうして、上司はそんなに怖いのでしょうか?

上司というのは、もともと怖い人間が偶然上司になるものなのでしょうか?

実は、上司が怖くなるのには理由があります。

もともと怖い人ばかりが上司になるのではなく、上司になれば誰でも「怖い上司」に豹変してしまう可能性があるんですよ。

上司が怖くなってしまう理由には、以下のようなものがあります。

  • 肩書・地位を持つことによって万能感を得るから
  • そもそも能力があるため仕事が出来ない人が理解できない

課長・部長などの肩書や地位を持つことによって、上司は一定の権力を得ますよね。

人は権力を得ると、無意識のうちに「俺ってすごいんだな」という万能感を持ってしまいます。

これが、上司が怖いと思われる態度をとるようになる原因の一つですね。

上司になると、みんなが自分に従ってくれます。機嫌をそこねないよう部下は気を使ってくれるし、何か注意しても言い返すことはありませんよね。

周りにヨイショされる毎日を送っているうちに、万能感や優越感を感じて、無意識に態度が大きくなっていきます。

「俺は上司だ。お前より偉いんだ。」と思ってしまいやすいんですよね、無意識に。

この万能感や優越感が尊大な態度につながり、「怖い」と感じさせてしまう原因になるんです。

部下を傷つける言動をしたり、自分の都合で怒ったり・・・それでも部下は「はい!すみませんでした!」と従ってくれるため、上司は気分がいいわけです。

これを繰り返すことによって、態度の大きい怖い上司が誕生してしまうわけですね。

また、上司になる人間はもともと優秀なスキルを持った人が多く、自分ほど優秀じゃない人間を理解できない傾向にあります。

私が以前いた会社の優秀な上司は、「部下がなんでメモを取っているのかわからない。自分はメモを取らずに全部覚えられるのに。」と言っていましたね。

メモを取らずに全てを覚えられる人の方が少ないと思うのですが、覚えられない人を「ダメなやつ」と認識していたので驚きました・・・。

それくらい、人間は「自分ができることくらい、他の人もできるはずだ(できないのは努力不足だ)」というように捉えてしまいがちなんですよ。

優秀な能力を持った上司が、自分より出来が悪い部下にイライラし、「そんなんじゃダメだ」と決めつけてしまうことは往々にしてあります。

でも部下からは、「がんばってるのに怒られる・・・上司怖い」と思われてしまうんですよ。出来ない部下を見下していることが、上司が怖くなる原因の一つですね。

つまり、上司は立場上、どうしても「怖い」存在になる可能性が高いんです。

指導してるつもりが単なる叱責になってしまったり、恐怖で支配してしまったり・・・。

上司の人間力が高くないと、怖い上司はどこの会社でも誕生してしまうんです。

 

上司に怒られると怖くて緊張・動悸・委縮してしまい仕事の悪循環

怖い上司に謝る女性

「上司が怖い」と感じる理由にはいろいろありますが、一番は「怒られる」ことです。

ミスをすると怒る上司って多いですよね。

一見当たり前のように思われますが、これは悪循環を生みます。

上司が怖いから緊張して委縮してしまい、部下は余計に仕事でミスをしてしまいます。

部下は怒られるのが嫌でミスを隠そうとするので、さらにミスが増えるんですよね。

部下がミス⇒上司が怒る⇒部下は上司を怖がる⇒部下は緊張・委縮⇒部下はさらにミス

こんな図式ができあがるわけです。

また、怒った上司を快く思う部下はいないので、人間関係も悪くなりますよね。

ミスは頻発するし、職場の雰囲気も悪化するため、上司が怒ることは仕事の悪循環以外の何物でもありません。

怒ってばかりの怖い上司は、職場の環境を悪化させるだけなんです。

それに気づいていない無能な上司のなんと多いことか・・・。。

「部下をヤル気にさせるためには、怒る以外にどんな方法があるだろう?」と真剣に考えない上司が多すぎます。

怒る以外に方法が思いつかないから、そして自分の怒りをコントロールできないから、部下に対してただ不機嫌に怒るだけなんですよね。

とにもかくにも、怒る上司は部下を委縮させてしまい、ただ仕事の生産性を落としているだけってことに気づいてほしいものです。

 

また怒られる・・・動悸がするほど上司が怖い場合の対処法

上司を怖がる部下

上司が嫌い」くらいならまだ良いのですが、「上司が怖い」と感じてしまうほどなら、かなり危険ですね。

怖いと思うほどなら、心身に不調をきたす前にできれば上司から離れた方が良いでしょう。

 

異動願いを出す

上司が怖いと感じて耐えられないほどなら、距離を置いた方が良いです。

社内で異動ができる状況なら、異動願いを出すというのも良いでしょう。

上司から離れれば問題が解消されるなら、異動が一番無難です。

転職や退職はリスクもあるため、もしできるなら異動願いを出して、違う部署や支店に行きましょう。

ただ、「上司が怖いから」なんていう理由にすると後々問題になってしまうかもしれないので、違うポジティブな理由を述べるようにしてくださいね。

 

転職する

上司が怖くて心身に不調が出ているなら、そして異動もできない会社なら、転職を検討するのも選択肢の一つです。

でも転職を考えると、

  • 「逃げるなんて良くない」
  • 「お世話になったのに辞めるなんて申し訳ない」
  • 「もっとがんばれるはずだ(他の人だって耐えているのに)」

なんていろいろ考えてしまい、転職に踏み切れない人も多いですよね。

「上司が怖くて転職する」というと逃げのように感じるかもしれませんが、それは逃げでもなんでもありません。

ただ「自分の身を守る」というだけであり、むしろ賢い選択なんです。

がんばってその上司のもとに居続けて心と体を壊してしまい、仕事が続けられなくなったらどうしますか?

そんなことになっても、上司や会社は責任を取ってくれませんよ。

自分の身は自分で守るんです。上司が怖くて心身がダメになりそうなら、完全に壊れる前に転職しましょう。

あなたを大切にしてくれる会社は、他に必ずあります。

 

すぐにでも退職する

あまりにも上司が怖くて心身が消耗している場合、次の転職先を決めてから辞めるというアクションが起こせない場合もありますよね。

できるだけ転職先を決めてから退職した方が良いのですが、それができない状況なら、先に退職してしまう方が良いかもしれません。

転職活動ができないほど多忙な会社もありますしね。

「次の転職先が見つかってから辞めよう」では、いつまでたっても辞めることができなくなってしまいます。

もし上司が怖くて転職活動ができないほど弱っている状況なら、先に退職してしまい、いったん心身を回復させてから転職活動した方が良いでしょう。

「辞めたら次はないんじゃないか」と考えて退職するのを怖がる人が多いのですが、心身が壊れてしまったら働くこと自体できなくなってしまいます。

辞めても、次の会社は見つかります。何よりも大事なのは自分の心と体なので、不調が出る前に怖い上司から離れてくださいね。

 

上司が怖くて仕事辞めたい!会社を転職した方が良いケース

上司が怖くて動悸がする男性

「上司が怖い」といっても、ちょっと怖いと思ったから即転職!即退職!というわけではもちろんないです。

そんな程度で会社を辞めていたら、どこにも勤められなくなってしまいますしね。

でももし心身に不調が現れているなら、もはやストレスが体に影響を及ぼしている状態です。

そこまでになってしまったら、異動・転職・退職を検討した方が良いかもしれません。

特に以下のような症状が現れたら、ちょっと危険だと思った方がいいでしょう。

 

上司が怖くて職場で委縮してしまう

上司が怖くて職場で委縮してしまう、という人がいます。

上司に怒られる恐怖を感じて委縮してしまう部下は多いですね。

軽度の委縮なら、転職や退職をしなくても良いと思いますよ。

ただ、ひどく委縮してしまい上司が怖くてしょうがないなら、会社を辞めることも検討した方がいいかもしれません。

今はまだ心身の不調がなかったとしても、怖くて委縮し続けていたら、いつかそのうち壊れていきます。

程度の差はありますが、上司に委縮ばかりしてあまりにも辛いなら、転職や退職を考えてみてくださいね。

 

上司が怖くて職場で動悸がする

上司が怖くて職場で動悸がする、という人もいます。

”上司を見ただけで心臓がバクバクする”という状態ですが、コレかなり危険ですね。

心が相当追いつめられている状態なので、侮ってはいけません。

人を見ただけで動悸がするなんてことは滅多にないですよ。

その相手のことを相当怖いと思っていない限り、心臓がバクバクするなんてことは起こりません。

上司を見て怖くて動悸がするっていうのは、あなたが危険な状態だというサイン。

あなたの心には相当な負荷がかかっている状態なので、上司が怖くて動悸がするくらいなら、一刻も早く上司から離れた方が良いです。

 

上司が怖くて職場で涙してしまう

上司が怖くて、職場で涙を流してしまう状態も危険です。

”上司に怒られて涙する”というのなら正常ですが、怒られているわけでもないのに職場で涙が勝手に出るなら、危ないですね。

涙が出るということは、ストレスを体が自然に発散している状態です。

「今、辛い状態だよ」と心が教えてくれているんですよ。

特に自然と涙を流してしまうのは、相当なストレスを感じているという証拠なんです。

一番怖いのは、涙も出ないほど壊れてしまうこと。

心身が完全におかしくなる前に、できれば上司から離れた方が良いですね。

 

上司が怖くて仕事をしながら震える

「上司が怖くて震えてしまう」という人もいますが、こちらもかなり危険な状態です。

震えるほどというのは、相当な恐怖を感じているってことですよね。

「体が震える」というのは、とてつもないストレスを抱えているサインです。

そんな恐怖を感じながら仕事を続けていると、心身に不調が出てくる可能性が高いですね。

震えるほど怖い上司がいて心と体が悲鳴をあげそうなら、本気でその上司から離れることを考えた方が良いでしょう。

 

家で上司や仕事の事を考えると怖い・ストレスを感じる

家で上司や仕事の事を思い出して憂鬱になってしまう・・・ということはよくありますよね。

でも、家で上司や仕事の事を考えた時に「怖い」という感情がわき出て、強烈なストレスとなってしまう人もいます。

特に、家で「明日の仕事を考えて涙してしまう・・・」というほどなら相当危険ですね。

家にいても、上司や仕事のストレスから逃れられていないという証拠です。

ここまでくるとかなり心身に負担がかかっている状態なので、一刻も早く上司から離れた方が良いでしょう。

 

上司が怖いと感じるほどなら決して自分を責めてはいけない

上司に怒られて自分を責める女性

上司が怖いと感じる人で、真面目な人は自分を責めてしまうことも多いです。

「自分がダメだから上司は自分に怒るんだ」という感じに、上司が悪いというより自分が悪いと思ってしまうんですよね。

これはあまり良くないです。自分を責め続けていると、うつになってしまうからです。

上司からは恐怖を与えられて、自分からも責められていたら辛いですよね。。

せめて自分くらいは自分の味方でいてあげてください。

部下を委縮して怖がらせるような上司は、無能なんです。

上司の方が圧倒的に悪いんですよ。

上司という権力のある立場にあって、部下を怖がらせて辞めたいとまで思わせる方が良くないんです。

そんな上司の事は、「クソ上司」と思うくらいでOKです。絶対に自分を責めてはダメですよ。

 

【まとめ】委縮・動悸がするほど上司が怖くて辛いならそんな会社は辞めていい

怖い上司から離れることを決意する男性

「お前のために怒ってるんだ」なんて言う上司もいますが、そんなの嘘っぱちです。

ほとんどが、自分の怒りの感情をコントロールできずに怒っているんですよね。

愛のある叱責をしている上司は一握りです。

たいがいの上司は、自分のために怒っていることがほとんどなんですよ。

そんな怒りをぶつけてくる上司は、部下のヤル気を落とし、職場の雰囲気を悪くする無能上司です。

そんな上司のために、毎日委縮して動悸や震えを我慢し続けた結果、心身を壊してしまったら・・・悔しくてたまらないですよね。

そんな状態になる前に、できるだけ早く上司から離れた方が良いです。

異動できるなら異動するのが一番無難ですが、それができなければ転職や退職を検討しましょう。

私も上司が怖くて会社を辞めた一人ですが、確かに当時は「次の職場なんて無いから辞められない」って思っていました。会社にしがみついていました。

でも今は、当時よりもストレスがない職場で、当時より収入が高いという恵まれた環境にいます。あの時の「次の職場はない」は、単に自分の思い込みだったわけですね。

私は辞めて上司から離れて、本当に良かったと思っています。心身もすっかり健康を取り戻して毎日楽しく働けているので、あの頃よりはるかに幸せですしね。

以前の私のように「上司が怖い」と悩んでいる人には、ぜひ「今の会社以外にも居場所はある」ということを知ってほしいです。

上司を怖いと感じて身体症状が現れているレベルなら、心身に相当な負荷がかかっている証拠。

完全に壊れてしまう前に転職や退職をして、自分の身を守ってください。あなたを守れるのは、あなたしかいないのですから。

優しい上司がいる職場を紹介してくれる転職エージェントランキング

※転職エージェントの登録は無料です。

スポンサーリンク

シェアをお願いします。

無料・1分で登録可能!転職エージェントランキング

圧倒的な求人数と高い内定率が強み
リクルートエージェント
5
運営会社株式会社リクルートキャリア
非公開求人約10万件
業務内容転職エージェント
リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント!

  • 豊富な求人数と高い内定率を誇る
  • 非公開求人数は10万件で業界No.1!
  • 企業との交渉力に優れていて内定率が高い

業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数があるリクルートエージェント。

優秀なキャリアアドバイザーが多く、内定率の高さはピカイチですね。

転職を考えたら、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

親身になってサポート
DODA(デューダ)
4.5
運営会社パーソルキャリア株式会社
非公開求人約8万件
業務内容転職エージェント
DODA(デューダ)

転職者満足度No.1転職エージェント

  • 担当の当たり外れが少ない
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 書類作成や面接対策も丁寧にサポート

担当者が親身になってくれるので、転職希望者の満足度が一番高い転職エージェントです。

サポートも丁寧でしっかりしているので、転職に不安を感じる人はDODAも必ず登録しておきましょう。

20代・第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社株式会社マイナビ
非公開求人約1.5万件
業務内容転職エージェント
マイナビエージェント

20代と第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代や第二新卒の転職に強い転職エージェント
  • 大手企業求人の人事担当者とのパイプあり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

国内最大級の転職支援実績を持つ、20代や第二新卒の転職に強いマイナビエージェント。

大手企業や優良企業の求人も豊富なので、こちらも必ず登録しておくべき転職エージェントです。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像