1. ホーム
  2. 転職の準備
  3. ≫転職を成功させるために必要な準備のすべて【完全版】

転職を成功させるために必要な準備のすべて【完全版】

初めての転職活動に不安な男性

「転職しよう!」と思った時、いったい何から始めればいいのかわからないって人は多いですよね。

特に転職活動が初めての人は、何から手をつければいいのかわからず不安になってしまうでしょう。

でも、転職は準備が一番大事。ここをおろそかにしてしまうと、転職に失敗してしまう可能性があります。

その転職準備のステップや必要なものをご紹介していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

無料で登録可能!転職サイトランキング

転職準備の重要性

転職活動中に迷う男性

転職は、事前に準備することがとても大事です。

目的地も地図もないまま歩き始めたら、どこに着くかなんてわからないですよね。

転職においても、自分の行きたい方向性や着地点などを明確にしてから活動をする方が、スムーズに成功するんですよ。

事前準備して目標をはっきりしておかないと、活動中に迷いが出てしまい、

  • 転職活動が長期化してしまう
  • 妥協して転職先を決めてしまう

なんてことになってしまいます。。

そんなことにならないためにも、転職活動の事前準備は絶対にやっておかなくてはならないんですよ。

転職活動を上手に成功させるためにも、事前準備をしっかりして目標を明確にしておきましょう。

いつから始めるのがベスト?転職の準備期間の目安

転職準備期間をチェックするためのカレンダー

転職の準備期間は、1~2カ月くらいが良いですね。

半年や一年など、あまりにも長い間準備に時間を費やしてしまうと、自分のモチベーションが下がってしまいます。。

むしろ最初から「準備には1カ月間だけ!」と決めたりして、期限を設けた方がメリハリがつくし、ダラダラ準備しなくて済みます。

「転職をしよう!」と決意した時にすぐ求人募集に申し込むのではなく、まずは”転職準備期間”に入りましょう。

事前の準備が万端であればあるほど、転職は成功しやすくなります。ここは面倒でもがんばりましょう。

転職準備に必要なこと4ステップ

転職準備を勧める女性

転職準備に必要なステップは、以下の4つ。

  1. 自己分析しながら目標を決める
  2. 転職の計画を立てる
  3. 求人情報を収集する
  4. 業界・企業の情報収集を行う

これらを順番に行っていくことで、転職成功に近づいていきます。

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう!

1.自己分析しながら目標を決める

まず、自己分析から始めましょう。

  1. 自分の現状を把握する
  2. 自分の目標を描く
  3. 目標を達成するプランを立てる

こんな風に、まずは自分自身を深く知り、その上で目標を設定して計画を立てるんです。

これを”キャリアデザイン”と言いますが、転職を考えたらまずは行っておきましょう。

自分が将来どのようになりたいのかを考えて、目標を明確に設定すると、次に何をやればいいかが見えてきます。

「本当に転職が必要なのかどうか」も判断できるようになるんですよ。

この時点で、もし「転職は必要ない」とわかれば、転職しないに越したことはないですしね。

  • なんで転職したいのか
  • 必ず転職しなければいけないのか
  • 転職が成功したら何を叶えることができるのか
  • 転職に成功したら10年後の自分はどうなっているのか

などまで書き出してみると、「自分の転職活動はどう行ったら良いか」が頭の中で整理できていきます。

自分の希望を満たす転職先がどんなものかも理解できたりと、転職活動の方向性が見えるようになってくるんですよ。

自分と向き合うのはちょっと大変ですが、ここは重要なのでがんばっておきましょう。

2.転職の計画を立てる

次に、実際に転職の計画を立てます。

計画を立てずに転職活動してしまうと、せっかく内定を獲得したのに今の会社の繁忙期に当たって退職交渉がスムーズにいかないなど、いろんなトラブルが発生してしまいます。

転職の期間も、想像以上に長期化してしまいますしね。

うまく退職して転職先に行けるよう、転職活動のプランは最初から立てておきましょう。

転職活動は、準備期間も含めて3カ月から6カ月くらいの人がほとんどです。

平均的な期間配分は、以下の通り。

  • 転職準備期間(自己分析や計画立案・情報収集):1~2カ月くらい
  • 転職活動期間(書類選考や面接):1~2カ月くらい
  • 退職期間(退職交渉や引き継ぎ):1~2カ月くらい

このような配分で、実際の転職計画を立てていきましょう。

退職時期や転職準備期間に入る時期などを、自分と今の会社の都合に合わせて検討していくと良いですね。

退職を伝えるタイミングについては、「退職することを伝えるタイミングはいつがベスト?」の記事を参考にしてください。

3.求人情報を収集する

転職先の求人情報を、ここから実際に収集しはじめましょう。

どんな求人があるかどうかをチェックして、転職市場の動向を見ていきます。

求人情報を収集するには、

  • 転職サイトに登録する
  • 転職エージェントに登録する

という方法がありますね。

転職サイトは、まず登録必須です。

特に転職先の企業や業界がハッキリ決まっていない場合、いろいろな業界の求人が幅広く掲載されている転職サイトは便利ですね。

とりあえずどんな求人があるか見るだけでも、転職のイメージがぐんと広がります。

転職サイトは、転職を検討する人は全員登録しておいた方が良いでしょう。

また、転職をすでに決意している人は「転職エージェント」の登録も必須。

転職エージェントに登録すれば、非公開求人や独自求人を見ることができるし、転職に有利な情報をたくさんもらえるからです。

転職サイトにはない求人情報まで入手することができるので、情報収集には最適ですね。

真剣に転職を考えるなら、転職エージェントにも必ず登録しておきましょう。

4.業界・企業の情報収集を行う

求人情報を収集して応募先の業界や企業が決まったら、そこについて調べていきましょう。

業界や企業の理解を深めることで、転職の成功率が格段にアップします。

  • 新聞や経済誌などで行きたい業界の動向をチェックする
  • 求人広告を隅々まで読みこむ
  • 企業のホームページを読んで経営理念等をチェックする
  • 企業の評判をネットで調べる
  • 実際に店舗があるなら直接見に行く

こんな感じで業界や企業のことを研究していきましょう。

また、転職エージェントに業界や企業のことについて詳しく教えてもらうのも必須です。

転職エージェントしか知らない情報もあったりするので、ぜひ登録して担当エージェントにいろいろなことを聞いてみましょう。

業界や企業の情報を集めていくと、それに合った志望動機や自己PRが思いつきます。

履歴書や職務経歴書を書いたり、面接で受け答えする際に役立ってくるので、ここでしっかりと情報収集しておきましょう。

転職を成功させるために準備するもの3選

転職用にスーツを新調する男性

転職を成功させるために、準備しておいた方が良いものをご紹介します。

スーツと靴とカバン

転職活動では、基本的にスーツが常識です。

アパレル系やクリエイティブ系の会社では、その人のセンスを見るために私服でOKという面接もありますが、それ以外はスーツ着用が一般的ですね。

そのスーツを持っていなかったり、古かったりしたら、新調する必要が出てきます。

それに合った靴やカバンもなかったら、併せて購入しなくてはいけないことも。。

スーツ+靴+カバンの同時期購入となると、相当出費がかさんでしまいますが、ここは我慢です。

古びたものやサイズの合わないものを着用していくよりも、面接官に好印象を与えられるものを新調した方が良いですよ。

その方が面接時にも堂々としていられますし、自分の立ち居振る舞いも変わりますしね。

転職準備としてまず、面接に最適な服装を頭の上から足の先までそろえておきましょう。

面接にベストな服装の詳細は、「好印象を与えられる転職面接にベストな服装マナー【完全版】」の記事を参考にしてください。

履歴書や職務経歴書などの書類

履歴書や職務経歴書などを用意するのも大事です。

最近ではパソコンで作成したものを使う人もいますが、特に履歴書は手書きの方が好印象を与えられますね。

採用担当者は年配者も多く、”履歴書は手書きでするもの”という認識が根付いているため、手書きの方が採用されやすいんですよ。

なので今は

  • 履歴書も職務経歴書も手書き
  • 履歴書は手書き、職務経歴書はパソコン

という人が多いです。

つまり、履歴書は市販のものを買って書いている人がほとんど。

100円~300円で買うことができるので、事前に用意しておきましょう。

転職資金

転職活動には、意外とお金がかかります。

先ほどのスーツに靴やカバン、履歴書等の書類に加えて、交通費も用意しなければいけません。

この交通費、意外とかかるんですよね。

一回の面接に行く交通費は数百円でも、何社も毎週往復していると月数千円になります。

そんな諸々の経費を計算した、転職活動にかかる費用の合計の平均は、なんと約54万円!

リクナビNEXT転職資金

本文引用転職成功のための資金計画~リクナビNEXT~

  • 在職中の転職活動の費用の平均は約37万円
  • 退職後の転職活動の費用の平均は約71万円

やはり退職後の転職活動資金は、生活費が必要な分かさみますね。在職中の転職活動資金と比べて、2倍の差があります。

もちろんこれは平均値なので、もっとかかる人もいるでしょう。

転職活動が長期化してしまえば、100万円くらいかかる人もいます。

在職中に転職活動する人はもちろん、退職後に転職活動をする人は、余裕をもって転職資金を貯めておきましょう。

転職資金は人によって変わってくるため、自分で計算してみてくださいね。

転職にかかる費用は大まかに分けると、

  • 生活費
  • 交通費
  • 服飾費
  • 書類等その他雑費

に分けられます。

在職中の人は生活費の心配はないですが、退職後の人は生活費も含めて資金を用意しておくのが大事。

予想外の出費があることも想定して、平均より多めの転職資金を準備しておくのが無難です。

時間がもったいない!不要な転職準備3つ

転職準備を進める男性

転職活動を始めるにあたり、不要な転職準備をしてしまう人もいます。

意味のないことに時間をかけてしまうと、「いつまでたっても転職できない」なんてことになってしまいかねません。。

転職活動を長期化させないためにも、不要な転職準備はしないようにしましょう。

情報取集だけを続けてしまう

情報収集はとても大事です。

でも情報収集だけをし続けしまうのは、よくありません。

特に完璧主義な人は、完全に情報を収集するまで動かなかったりします。

「○○に転職したいから、そこの業界のことをちゃんと完璧に情報収集しておこう」

なんて思ったりして、情報収集だけをし続けてしまうんですよ。

情報収集するのはとても良いことなのですが、完璧に情報を集めなくてもいいんですよね。

でも完璧主義の人は、不完全のまま実際に行動に移すのが怖くて、「情報を全部集めてから動こう」と思ってしまうんですよ。

そうなると転職成功にはなかなか結びつきませんよね。

完全に情報を収集しきらなくても、とりあえず進んだ方が見えてくることもあります。

情報収集を続けることにこだわらず、ある程度の情報を集めたら、実際に行動に移すようにした方が良いでしょう。

「2週間だけ情報収集の時間に充てる!」など、最初から期間を区切ってしまうのが良いですね。

無駄な勉強をしてしまう

今とは違う業界に転職しようとした時、「行きたい業界についてとりあえず勉強しよう!」と机に向かってしまう人もいます。

でも、自分で勝手に「この知識がこの業界には必要だろう」と判断して勉強してしまうのはNG。

その知識が全く必要がない場合もありますし、大幅な時間の無駄になってしまいます。。

勉強したことが転職活動において評価されないことも、結構多いんですよね。

転職活動を長期化させてしまうだけなので、無駄な勉強をするのはやめましょう。

無駄な資格を取ってしまう

転職活動するにあたって、資格がある方が有利だと考えている人は多いです。

でも実際には、転職において資格を取る必要がない場合も多いんですよね。

もちろん、資格がないと就けない仕事や業種もあります。専門職だったり、医療系や建築系などは、資格が必要なことも多いですよね。

でも、資格がなくても転職できる企業や業種もたくさんあります。

資格が必要ない企業や業界に行くのに、「あった方が有利だろう」と思い込んで、資格取得に時間を割いては意味がありません。むしろ時間とお金の無駄です。

特に、中途採用においては資格よりも経験の方が求められます。

資格は必ずしも必要ではないので、無駄な資格を取る努力はしないようにしましょう。

今すぐに転職しない人の転職準備3つ

将来的に転職したいと考えている男性

「すぐに転職をしないけれど、いつか将来的には転職をしたい」

こう考えている人は、実際に転職するまでには、まだ時間がたっぷりありますよね。

その時間を有効活用して、実際の転職までに有益な準備をしておきましょう。

資格取得や経験・スキルアップに励む

「いつかそのうち転職したい」と考えているなら、転職の成功率を上げるために資格を取るのも良いです。

特に行きたい業界や職種が決まっているなら、取るべき資格もわかりやすいでしょう。

また、今の職場で経験やスキルをアップさせておくのも大事。

「そのうち転職するから、もう今の会社でがんばらなくてもいいや」

じゃなくて、今の会社で経験やスキルを磨いておくことが、転職に役立つんですよ。

会社で業績や実績を上げていれば、次の転職先でも欲しいと思われて、転職時にかなり有利になります。

自分の経験値を高めておき、「よし、転職しよう!」と思った時にスムーズに転職できるようにしておきましょう。

転職の資金を貯める

上述したように、転職活動にはお金がかかります。

なので、今すぐ転職しないなら、今は転職資金を貯めるチャンス!

余るくらいの転職資金を用意しておけば、転職活動時に金銭的な不安に悩まされずに済みます。

新しいスーツや靴・カバンも楽々買えますし、転職も成功しやすくなるので、ぜひ今から転職資金を貯めておいてください。

友人や知人を増やして人脈を作る

転職時には、意外と人脈も役立ちます。

取引先の相手などはもちろん、プライベートな知人や友人でも、転職に有利な情報をもたらしてくれたりするんですよ。

まだ転職活動を始めないなら、今のうちから知人や友人を増やして、転職に有効的な人脈を作っておくのも一つの方法ですよ。

【まとめ】転職の事前準備は成功のキーポイント

転職成功を夢見る男性

転職を成功させるためには、事前準備が何よりも大事。

準備こそが転職成功の鍵を握っている、とも言えます。

この記事に書いてある「転職準備に必要なこと4ステップ」の流れに沿って、転職の準備を万端にしてくださいね。

内定率が高まり、転職が成功しやすくなりますよ!

シェアをお願いします。

無料・1分で登録可能!転職エージェントランキング

圧倒的な求人数と高い内定率が強み
リクルートエージェント
5
運営会社株式会社リクルートキャリア
非公開求人約10万件
業務内容転職エージェント
リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント!

  • 豊富な求人数と高い内定率を誇る
  • 非公開求人数は10万件で業界No.1!
  • 企業との交渉力に優れていて内定率が高い

業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数があるリクルートエージェント。

優秀なキャリアアドバイザーが多く、内定率の高さはピカイチですね。

転職を考えたら、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

親身になってサポート
DODA(デューダ)
4.5
運営会社パーソルキャリア株式会社
非公開求人約8万件
業務内容転職エージェント
DODA(デューダ)

転職者満足度No.1転職エージェント

  • 担当の当たり外れが少ない
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 書類作成や面接対策も丁寧にサポート

担当者が親身になってくれるので、転職希望者の満足度が一番高い転職エージェントです。

サポートも丁寧でしっかりしているので、転職に不安を感じる人はDODAも必ず登録しておきましょう。

20代・第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社株式会社マイナビ
非公開求人約1.5万件
業務内容転職エージェント
マイナビエージェント

20代と第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代や第二新卒の転職に強い転職エージェント
  • 大手企業求人の人事担当者とのパイプあり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

国内最大級の転職支援実績を持つ、20代や第二新卒の転職に強いマイナビエージェント。

大手企業や優良企業の求人も豊富なので、こちらも必ず登録しておくべき転職エージェントです。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像