1. ホーム
  2. 転職エージェント
  3. ≫内定をもらうために複数登録しよう!転職エージェントの賢い活用方法

内定をもらうために複数登録しよう!転職エージェントの賢い活用方法

自信満々な転職エージェント

  • 転職エージェントに登録さえすれば、転職活動が成功しそう・・・!
  • でも転職エージェントって、どうやって活用したらいいの?

こんな風に、転職エージェントに期待しつつ、その活用方法がわからず悩んでいる人も多いですよね。

”転職エージェントに登録すれば転職活動がうまくいく”、確かにそんなイメージがありますが、ただ登録すればいいってもんじゃありません。

転職エージェントの力を最大限に発揮してもらう、賢い活用方法が存在するんですよ。

今回は、そんな転職エージェントの正しい活用方法についてご紹介しますね。

無料で登録可能!転職サイトランキング

転職エージェントの活用の流れ

転職エージェントと一緒

転職エージェントに登録すると、以下のような流れで内定まで進みます。

  1. 転職エージェントに登録して、自分の情報を伝える
  2. 転職エージェントと面談する
  3. 企業へ書類を送り選考に通った後、面接を受ける
  4. 内定獲得

この間に、転職エージェントをどう活用するかで、転職の成功率が変わってきます。

内定を獲得するには、どのように転職エージェントを活用すれば良いのでしょうか?

 

まずは複数の転職エージェントに登録すること

最初は、転職エージェントに登録するところから始まります。

この時に、絶対にやっていただきたいのが”複数の転職エージェントに登録する”ということ。

転職エージェントによって保有している求人が違う場合があるので、いろいろなところに登録した方が選択肢が増えるんですよ。

また、エージェントであるキャリアアドバイザーとは、相性があります。

自分に合わない人が担当になった場合、我慢しながら一緒に転職活動していても、転職率が大きく下がってしまうんですよ。

そのため、複数の転職エージェントに登録しておいた方が、より自分に合ったエージェントに出会う確率が上がります。

また、転職エージェント1社だけの登録だと、「エージェントが頑張らなくても自社で転職してくれる客」になってしまうんですよ。

他の転職エージェントにも複数登録している転職希望者だからこそ、他で転職を決めてしまわないように、一生懸命がんばってくれるんですよね。

エージェントのヤル気を上げるためにも、複数の転職エージェントに登録しておいた方が効率的ってわけです。

なので、転職エージェントは必ず2~3社くらい複数登録しておきましょう。

 

自分の情報をエージェントに事前に伝えておく

転職エージェントと会う前には、自分の情報を事前に伝えておいた方が良いです。

エージェントが転職のアドバイスをする際に、事前に情報をもらっておいた方が準備をしやすいんですよね。

自分の履歴書や職務経歴書を事前に送っておき、あなたの状況を理解してもらった方が、エージェントはしっかりと準備して面談に臨んでくれます。

もし履歴書や職務経歴書を送れないなら、自分がどのような経歴の持ち主かということだけでも伝えておいた方がいいでしょう。

同時に、自分の希望も伝えておくことが大事です。

これからどういう仕事をしたいのか、年収はどれくらいがいいのか、どこ辺りに勤めたいかなど、転職先の希望は明確にして伝えておくのがベストですね。

 

エージェントとの面談は自分の伝えたい事を明確に準備しておく

転職エージェントと面談する際には、「何を話すか」ということは明確にしておいた方が良いです。

限られた時間なので、有効活用してエージェントとより良い関係を築いた方が有益ですしね。

あなたが「何を話せばいいのやら・・・」では、エージェントも何をしたらいいかわからなくなります。

行きたい企業へ行ける可能性があるかどうか聞いたり、どのような求人があるかどうか聞いてみたりと、聞きたいことを明確にしてから面談に行くのがおすすめですね。

また、面談の際には嘘をつかずに正直に話すことも大事です。

その方がより転職の成功率が高まるので、自分の情報は正確にエージェントに伝えましょう。

 

書類選考から面接はエージェントの力を最大限に活用しよう

さて、いよいよ転職活動の本番である書類選考や面接を迎えます。

その際には、転職エージェントの力を最大限に活用しましょう。

履歴書職務経歴書は添削してもらい、模擬面接などの面接対策をしてもらうことで、内定獲得率はかなり高まります。

また、数社受ける場合はエージェントに面接の日程調整をしてもらい、効率良く転職活動することをおすすめします。

第一希望の企業の内定が出る前に、第二希望の企業の内定の回答をしなければならないなどの事態を回避するためですね。

転職活動の日程調整こそ、エージェントが手腕を発揮する場面でもあります。

 

面接後にエージェントに年収交渉してもらう

最終面接が終わったら、エージェントに年収交渉をしてもらいましょう。

ただ、ギリギリの評価で内定をもらった場合、年収交渉しても通らない場合があります。

年収交渉をしてもらうには、高評価で内定をもらうことが前提条件。

また、エージェントに交渉してもらっても絶対に成功するかどうかはわかりません。

面接後の年収交渉は、担当となったエージェントの手腕に任せるしかないですね。

そのためにも、自分が「この人なら!」と思える、信頼できるエージェントに出会うのが大事です。

 

転職エージェントを活用して内定を獲得した後はお礼をしよう

内定を獲得したら、担当エージェントにお礼をしましょう。

直接訪問してお礼するのもいいですが、転職準備で忙しいと思うので、メールや電話でお礼を伝えるのがベストです。

個人的には、電話で喜びの声を聞くのが嬉しいので、電話の方が良いかなって思いますね。

お礼は必須ではないのですが、エージェントも人間。お礼を言われれば嬉しいものです。

転職したら転職エージェントとはそれで終わり、というわけではありません。

入社後のアフターフォローをしてくれる転職エージェントもあるため、その後も良好な関係を築いていた方が、転職者にとってもメリットがあります。

お世話になったわけだし、内定が決まったら、転職エージェントにはちゃんとお礼を伝える方がスマートですね。

 

賢い転職エージェントの活用方法

転職エージェントの賢い活用方法を述べる男性

転職エージェントを利用する際の、賢い活用方法をご紹介します。

 

転職エージェントと頻繁にコンタクトを取る

転職エージェント活用の最大のポイントは、担当エージェントとの関係を良くすることにあります。

その方法は、担当エージェントと頻繁にコンタクトを取る、というもの。

「登録さえすれば、後はエージェントが全部やってくれるはず・・・」と考え、受け身の姿勢になってしまう転職希望者も少なくありません。

エージェントに自ら連絡をこまめに取ろうとする人も、実は少ないのです。

でも連絡をあまりよこさないでいると、自分に合った求人を紹介してくれなくなるんですよ。

連絡をしないと転職エージェントのデータベースでのあなたの検索順位が下がり、求人が紹介されなくなっていきます。

それを回避するためにも、連絡をこまめにしたり、マイページに頻繁にログインすることで、エージェントの検索に引っかかりやすくなるんですよ。

また、エージェントも人間です。こまめに連絡をくれる親密な人の方が印象に残り、良い求人を紹介しやすくなるんですよ。

連絡をこまめにするとしても、エージェントに対して横柄な態度を取るのはもちろんNG。

そんなことをしたら、あなたにより良い求人を紹介する気も失せてしまいます。

担当のエージェントには敬意を持って接し、こまめに連絡をして親密になれば、好条件の求人を紹介してもらう確率が高まりますよ。

 

転職エージェントと仲良くなってヤル気にさせること

頻繁にエージェントと連絡を取ることで、エージェントをヤル気にさせることが大事です。

エージェントも人間なので、頼られると嬉しいものです。ヤル気もアップします。

「エージェントなんて、ただ仕事を紹介してくれるだけの人でしょ?」なんて思って適当に扱っていれば、あなたも特別扱いはしてもらえません。

エージェントと仲良くなれば、有利な情報を教えてくれたり、良い案件を優先的に紹介してくれたりと、あなたにメリットをもたらしてくれることもあるんですよ。

エージェントとの信頼関係が深まれば、より良い転職活動ができるようになります。

担当エージェントとはできるだけ仲良くなって、ヤル気をアップしてもらいましょう!

 

エージェントは自分の利益しか考えていないと思っておく

先ほど「エージェントと仲良く」と言いましたが、”仲良くなること”と”絶対視して頼りっきりになる”ということは違います。

自分で考えず転職活動をエージェント任せにしてしまえば、間違った転職をしてしまう可能性もあるんですよ。

転職希望者のことをしっかりと考えてくれる転職エージェントは、確かに存在します。

ですが、基本的に転職エージェントは営利目的なので、自分の利益を出すことが最優先です。

なので、自分の利益しか考えていない転職エージェントも中には存在するんですよ。というか、多くのエージェントはそんなところがありますね。

彼らも仕事なので、「なんとしてでも転職させなきゃ!」という勢いで接してくるため、エージェントの言葉をうのみにして流されていると、誤った転職をしてしまうこともあります。

転職希望者は転職エージェントのことを全面的に信じすぎず、彼らを「使う」という気持ちで活用するのがベストですね。

エージェントと仲良くなるというのは必要ですが、彼らを絶対視して流されず、自分の意志で転職活動するようにしましょう。

 

複数の転職エージェントから同じ案件に応募しない

複数の転職エージェントに登録した場合、気をつけてほしいのは、”同じ案件に応募しない”ということ。

違う転職エージェントから、何回も同じ企業に応募してはいけないんですよ。

これは”重複応募”となってしまい、企業側と転職エージェント側の両方の信頼を失う行為です。

企業側には、「自分がどこの企業に応募しているのかも把握していない、適当な人」という認識をもたれてしまいます。真剣さが感じられませんよね。

こんないい加減な人なら、入社後にトラブルを引き起こすのではないかと思われて、書類選考が通っていても不採用となってしまうこともあります。

転職エージェントも、せっかく支援しているのにこんなNG行為を繰り返していれば、その求職者を信頼できなくなり、サポートに身が入らなくなるでしょう。

こんなことにならないように、違う転職エージェントから重複応募することだけは避けるようにしてください。

 

他の転職エージェントを掛け持ちしていることは正直に話す

転職エージェントを複数掛け持ちしていることを話したくない・・・って人は多いですよね。なんとなく、その転職エージェントを裏切っているような気持ちになってしまって。

でも、転職エージェントを掛け持ちすることは珍しいことではないし、悪いことでもありません。

それ以上に、掛け持ちしていることを隠しておく方がデメリットがあります。

例えば、もうすでに他の転職エージェントで応募している案件を紹介されて重複応募を避けたくても、断る理由が見つからず困ってしまうんですよ。

その時に嘘の理由で断ったら、こんな案件は嫌なのかとエージェントに認識されてしまいます。すると同じような好条件の案件は紹介してもらえなくなるので、すごく不利なんですよ。

そんなリスクを回避するためにも、転職エージェントを掛け持ちしていることは正直に話すべきです。

転職エージェントを掛け持ちしている人は多いので、話したからといってエージェントの態度が変わることはありません。

それよりも、「他の転職エージェントで転職されたら困る!」と焦ってくれるので、逆にヤル気アップしてくれます。

なので、転職エージェントを掛け持ちしていることは正直に話しておきましょう。

その際に、「他社よりも御社や○○さんを一番信頼しているので、御社で転職が決まれば嬉しいと思っています」などと伝えておけば、より親身になってくれますよ。

 

合わないなと感じたら担当は変更しよう

担当エージェントと一緒に転職活動をがんばろう!と思っても、エージェントもあなたも人間です、相性があります。

「この人とはどうしても合わないな・・・」と感じることがあるなら、担当は変更してもらいましょう。

担当変更は言いづらいのでついつい我慢してしまいがちですが、そのままにしておくと、あなたの転職の成功率が格段に下がってしまいます。そこは我慢すべきところではありません。

担当変更窓口というのもありますし、合わないならそこに連絡して、担当エージェントを変更してもらうことをおすすめします。

 

転職エージェントの賢い活用方法まとめ

転職エージェントと握手する男性の手

転職エージェントは活用次第で、あなたの転職を成功させる大きな力となってくれます。

エージェントサービスは無料とはいえ、せっかく使うなら賢い活用をしたいですよね。

もしあなたがこれから転職エージェントを利用するのなら、この記事をぜひ参考にしてみてください。

また転職エージェントは2~3社複数登録するのが基本なので、まだ登録していない方は下記記事のランキングを参考に、ぜひ登録してみてくださいね。

シェアをお願いします。

無料・1分で登録可能!転職エージェントランキング

圧倒的な求人数と高い内定率が強み
リクルートエージェント
5
運営会社株式会社リクルートキャリア
非公開求人約10万件
業務内容転職エージェント
リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント!

  • 豊富な求人数と高い内定率を誇る
  • 非公開求人数は10万件で業界No.1!
  • 企業との交渉力に優れていて内定率が高い

業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数があるリクルートエージェント。

優秀なキャリアアドバイザーが多く、内定率の高さはピカイチですね。

転職を考えたら、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

親身になってサポート
DODA(デューダ)
4.5
運営会社パーソルキャリア株式会社
非公開求人約8万件
業務内容転職エージェント
DODA(デューダ)

転職者満足度No.1転職エージェント

  • 担当の当たり外れが少ない
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 書類作成や面接対策も丁寧にサポート

担当者が親身になってくれるので、転職希望者の満足度が一番高い転職エージェントです。

サポートも丁寧でしっかりしているので、転職に不安を感じる人はDODAも必ず登録しておきましょう。

20代・第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社株式会社マイナビ
非公開求人約1.5万件
業務内容転職エージェント
マイナビエージェント

20代と第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代や第二新卒の転職に強い転職エージェント
  • 大手企業求人の人事担当者とのパイプあり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

国内最大級の転職支援実績を持つ、20代や第二新卒の転職に強いマイナビエージェント。

大手企業や優良企業の求人も豊富なので、こちらも必ず登録しておくべき転職エージェントです。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像