1. ホーム
  2. 転職の準備
  3. ≫転職期間って平均でどのくらいかかるの?短期間で内定をもらう方法

転職期間って平均でどのくらいかかるの?短期間で内定をもらう方法

転職活動に疲れた男性

転職活動ってホント辛いですよね。

次の仕事がちゃんと決まるのか不安な日々を過ごしたり、お祈りメールばかりもらって落ち込んだり・・・。。

できれば早く内定をもらって、この転職活動を終わりにしたいものです。

でも、転職活動の期間は、どれくらいかかるのが一般的なのでしょうか?

スポンサーリンク

どれくらいかかるの?転職活動の一般的な流れ

転職活動の流れを説明する男性

まずは、転職活動の一般的な流れについてご紹介します。

 

1.転職サイトや転職エージェントに登録

転職を決意したらまずは、転職サイトや転職エージェントに登録するのが第一歩です。

登録するとスカウトメールが来たり、非公開求人や独自求人を見ることができるようになるんですよ。

転職エージェントなら、担当エージェントとの面談も行うようになります。

ここからが全ての始まりなので、まずは転職サイトと転職エージェントに登録しましょう。

短い期間で転職を成功させたいなら、転職エージェントに登録することは必須ですね。

その際は2~3社の転職エージェントに同時登録して、自分に合ったキャリアアドバイザーを探すのがベストです。

 

2.転職準備

次に、自分がどこで何をしたいのかという「自己分析」をします。

そして何をしたいかが決まったら、業界や企業に関する「情報収集」をしましょう。

応募先が決まったら、履歴書や職務経歴書を作成しておき、担当エージェントに添削してもらったりします。

転職活動は事前準備を入念にするほど成功率が高まるので、大変ですがここでがんばっておきましょう。

 

3.書類選考

求人に応募して、企業ごとに作成した履歴書や職務経歴書を提出します。

転職エージェントに添削してもらった書類なら、書類選考を通過しやすくなるので、必ずお願いしましょう。

応募者数によっては、書類選考の合否がわかるまで期間がかかりますが、焦らず待つのが得策です。

 

4.面接

書類選考が通ったら、次は面接です。

事前に転職エージェントで模擬面接を行ってもらうと、面接の突破率が高まるのでおすすめですね。

面接当日まで一人でもイメージトレーニングを行っておき、内定を獲得しましょう。

また、面接官に好印象を与えられるよう、面接に最適な服装をしていってください。

 

5.内定

面接が終わったら、内定かどうかの合否連絡を待つだけです。

連絡が来るまでは時間が長く感じられると思いますが、ここも基本的には”待ち”ですね。

晴れて内定をもらえたら、退職の準備をしましょう。

上司に退職を伝えるタイミングも慎重に考えて、退職への行動を移してください。

”去り際は美しく、立つ鳥跡を濁さず”で退職しましょう。

 

転職の平均期間は「約3カ月」

@タイプ 転職の活動期間

画像引用「転職活動期間は、みんなどのくらいなんだろう?」~@type~ 

平均的な転職活動期間は「3~6カ月」

希望条件にもよりますが、転職活動にかける目安は「3カ月から半年程度」と言われています。期間とともに、転職活動をどのように進めるかも重要なポイント。「今すぐ辞めたい」と思っていても、転職活動が長引く可能性を考慮し、退職時期は冷静に決めましょう。

本文引用転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?ケース別・転職活動スケジュール~リクナビNEXT~

@タイプとリクナビNEXTのサイトを見たところ、転職にかかる平均期間は、

  • @タイプ:2.1カ月 
  • リクナビNEXT:3~6カ月

となっていました。つまり、平均的に約3カ月くらいということですね。

人によっては2週間以内で結果が出る場合もありますが、3カ月以上、長くて半年もかかってしまう人もいます。

希望が高かったり、転職における市場価値が下がっている場合には、長期戦を覚悟しなければならない場合もあるんですよね。

ちなみに、転職が成功するまで応募する平均応募社数は、13.1社

複数の企業に応募する方が効率的に内定を獲得できるので、同時に何社も受ける求職者が多いですね。

 

20代の転職平均期間はどれくらい?

転職平均期間

画像引用転職活動期間に関する調査~エン・ジャパン~

転職期間の平均は3カ月くらいということでしたが、20代の転職平均期間はどれくらいなのでしょうか?

上記のエン・ジャパンのデータを見てみるとわかりますが、20代の転職は

  • 1カ月半以内:42.9%
  • 3カ月以内:47.6%

という結果に。つまり、20代の約90.5%の人が3カ月以内には転職が決まっています。

でも実際の転職現場を見ていると、20代なら平均的に1~2カ月で転職が決まる傾向にありますね。

20代は需要がある年齢層のため、他の年代に比べて転職先がすんなり決まりやすく、非常に有利な年代であるといえます。

 

在職中に転職活動するか退職後に転職活動するか

転職活動を在職中か退職後かで悩む男性

転職活動の期間は約3カ月くらいが平均的ですが、

  • 在職中に転職活動するか
  • 退職後に転職活動するか

によって、期間に差が出てきます。

在職中に転職活動すると、今の仕事をしている最中に面接に行くことはできません。

有給休暇が取りづらい場合、就業時間が終わってからじゃないと面接に行けなかったりしますよね。

こうなると、企業との日程調整はスムーズにいかないし、転職活動に意外と時間がかかってしまいます。

一方、退職後に転職活動をすると、平日の昼間でも面接に行けるのでスムーズにいきやすいですね。

スケジュール調整しやすいので、同時進行で多くの企業に応募できたりしますし、サクサクと短期間で転職活動を完了させることもできます。

とはいっても、退職後に転職活動するのはちょっとリスキー。できれば在職中に転職活動をする方が良いでしょう。

でも在職中に転職活動する方が、退職後に転職活動するよりも、時間がかかりやすいのは確かです。

 

長期化させない!転職活動の期間を短くする5つの方法

転職活動を応援する女性

次は、この転職活動の期間を短くする方法をご紹介します。

  1. 複数の企業に同時応募する
  2. 履歴書や職務経歴書を入念に書く
  3. 面接対策を万全にしておく
  4. 転職サイトのスカウト機能を活用する
  5. 転職エージェントサービスを活用する

このようなことを行うと、転職活動の期間が短くなりやすいんですよ。

ひとつひとつ、見ていきましょう!

 

複数の企業に同時応募する

自分が行きたい企業を見つけ、1社入魂したい気持ちもわかります。

でも、転職活動において”1社だけ受ける”、というのはとても危険なんですよ。

万一落ちてしまったらまた最初からやり直しだし、転職期間はどんどん長引いてしまいますからね。

何百社も同時に受けなければいけない、というわけではなく、自分に合った企業を5~10社くらい受ければ良いだけです。

自分に合った企業なら、ちゃんと転職活動の準備さえ行っていれば、内定をもらいやすいですしね。

とにかく、”1社だけに絞って転職活動をする”というのは転職活動を長期化させてしまいやすいので、やめましょう。

 

履歴書や職務経歴書を入念に書く

履歴書や職務経歴書をしっかりと準備するというのも、転職活動を短期間で完了させる一つの方法ですね。

”どの企業にも同じ履歴書や職務経歴書を送る”というのではなく、応募する企業に合わせた履歴書や職務経歴書を作成した方が、書類選考が通りやすくなります。

応募企業のニーズに合わせた履歴書や職務経歴書を作成するのが、ポイントですね。

私も転職活動時には、深夜まで眠い目をこすりながら、何度も何度も履歴書や職務経歴書を書き直した経験があります。

その時は、どこの企業でも書類選考が面白いように通りましたね。

履歴書や職務経歴書を工夫して頑張って書けば、こんなに書類選考が通りやすくなるんだと実感したものです。

裏を返せば、履歴書や職務経歴書は、適当に書いたら落ちやすくなるってこと。

適当に書くのではなく、書類選考を通りやすい履歴書や職務経歴書を全力で書き上げましょう。熱意はちゃんと企業に伝わりますよ!

 

面接対策を万全にしておく

面接対策も準備万端にしておくのが、転職活動の期間を短くする方法の一つです。

面接の受け答えを企業ごとに用意しておくのはもちろん、家族や友人に模擬面接をしてもらったりして、面接に慣れておきましょう。

一人で何度もイメージトレーニングをしたりして、面接のシミュレーションをしておくのも良いですね。

事前に面接に慣れておくと、自分の魅力が十分に発揮できて面接で内定をもらいやすくなるので、転職活動の期間が短くなりますよ。

 

転職サイトのスカウト機能を活用する

転職サイトに登録すると、スカウト機能が活用できるようになります。

このスカウト機能、あなたをほしいと思った企業が直接オファーをしてきてくれるんですよ。

自分にマッチングした企業が自らほしいと言ってくれているわけで、内定率が高いんですよね。

内定をもらいやすい企業に応募するということは、転職活動の期間を短くすることにつながるので、スカウト機能もかなりおすすめです。

転職活動を始めたら、転職サイトに必ず登録して、スカウト機能を活用しましょう。

おすすめ転職サイトリクナビNEXT

 

転職エージェントサービスを活用する

転職活動の期間を最も短くする方法は、「転職エージェントを活用する」ことです。

転職エージェントであるキャリアアドバイザーが、あなたに合った企業を見つけてきて紹介してくれるので、内定がもらいやすいんですよ。

履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるし、模擬面接もしてくれるので、内定率がさらに高まります。

また、非公開求人や独自求人も紹介してくれるので、内定の取りやすい応募者数の少ない求人に出会うこともできるんですよね。

さらに面接の日程調整や年収交渉など、自分では面倒なことも全部転職エージェントがやってくれるので、時間の短縮にもなりますよ。

転職活動を短い期間で終わらせたいなら、転職エージェントの活用は必須です。必ず登録しておきましょう。

 

【まとめ】転職活動の平均期間よりも大切なこと

転職希望者を応援する転職エージェント

転職活動は、平均的に3カ月くらいですが、人によってそれぞれ違います。

他の人は1~3カ月で転職先が決まるらしいのに自分はなかなか決まらない・・・なんて焦ってしまうのはNG。

辛い転職活動、もちろん期間が短い方が良いのは確かですが、短ければ良いってもんでもありません。

何よりも大切なのは、自分が納得できる企業に転職することです。

焦って短い期間ですぐに次の転職先を決めても、そこが嫌な職場だったら元も子もありません。

期間を気にするよりも、魅力的な企業に転職することを最優先にしましょう。

それでもできるだけ転職活動の期間を短くしたいなら、転職エージェントのサポートを借りることをおすすめします。

一人で転職活動するよりは、はるかに期間が短くなりますよ!

関連記事

スポンサーリンク

シェアをお願いします。