1. ホーム
  2. 転職エージェント
  3. ≫登録拒否?!転職エージェントに断られる理由とその対処法

登録拒否?!転職エージェントに断られる理由とその対処法

転職エージェントに断られて怒る男性

登録に時間をかけたのに、あっさり登録拒否(お断りメールが来る)されてしまう・・・

せっかく転職エージェントを活用しようと意気込んだのに、こんな結果になって意気消沈してしまう人も多いです。

「転職を支援します!」と言って呼びかけておいて、なんで返答が「紹介できる求人がありません」なんだ?! って本当、憤慨してしまいますよね。。

でも転職エージェントがお断りしてくるのには、いくつもの理由があるんです。

今回は転職エージェントが断る理由とその対処法、また登録拒否されにくい・断られにくい転職エージェントまで一挙にご紹介します!

転職エージェントに断られてばかりの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事の目次

登録拒否?転職エージェントに断られる12の理由

転職エージェントを断られる理由

転職エージェントに登録してみたものの、登録拒否されてしまうには理由があります。

「登録拒否」といっても、登録自体はできることが多いのですが、遠回しなお断りメールが来るという感じですね。

そのお断りメール、つまり登録拒否には、以下のような理由が多いです。

  • 転職回数が多すぎる
  • 年収が低すぎる
  • 年齢が高すぎる
  • 無職期間(ブランク)が長すぎる
  • 年齢とキャリアが合わない
  • 経歴が浅すぎる・短期離職を繰り返した
  • スペックや資格・スキルがない
  • 希望がニッチ過ぎる・高すぎる
  • 専門性の高い業種や職種である
  • 転職の意志があまりない
  • サービス対象外地域在住
  • フリーターやニート・無職

ネガティブな要素がある人は登録されにくいという感じですね。

一つ一つ、見ていきましょう!

 

転職回数が多すぎる

転職回数が多いと、「次の会社でもまたすぐに辞めてしまうのでは・・・」と思われて、登録拒否される可能性が高くなります。

絶対に登録拒否されるわけではありませんが、転職回数が少ない人の方が断られにくい傾向にありますね。

あまりにも転職回数が多すぎると、転職エージェントでは登録自体を拒否されやすいです。

 

年収が低すぎる

年収があまりにも低すぎると、転職エージェントの登録を断られる場合があります。

転職エージェントは企業に求職者を紹介して報酬を得るので、あまりにも年収が低いとエージェントが得る報酬が少なすぎると判断されて、登録拒否される可能性がありますね。

 

年齢が高すぎる

年齢が高すぎると、転職エージェントに登録できない可能性が高まります。

ギリギリ40代まで登録ができるところが多く、50代になるとほとんど断られてしまいますね。

 

無職期間(ブランク)が長すぎる

ある程度の経歴があったとしても、無職の期間が長すぎると転職エージェントに登録できない可能性が高くなりますね。

無職期間やブランクはあまり無い方が良いので、もし今働いているなら、在職中に転職エージェントを活用した方が登録されやすくなります。

 

年齢とキャリアが合わない

年齢とキャリアが合っていない人も、転職エージェントに登録拒否されやすいですね。

「30代なのに正社員の経験がない」「40代なのにマネジメント経験がない」なんていう、年齢とキャリアのバランスが合わない人も断られやすいです。

 

経歴が浅すぎる・短期離職を繰り返した

仕事の経歴が浅すぎる、入社後1カ月で退職した、短期での離職を繰り返している・・・なんて人も登録拒否されやすいですね。

すぐに辞めてしまう人は紹介しづらいですし、同じ会社で数年働いていた人の方が転職に有利なのは言わずもがなです。

経歴が浅い・短期離職を繰り返す人も、転職エージェントに断られやすいでしょう。

 

スペックや資格・スキルがない

英語力や役職などや、一般企業で役立つスキルや資格がない人も、転職エージェントに断られやすいですね。

あまりにもスペックや資格やスキルに乏しい場合、登録拒否されてしまう可能性が高いでしょう。

 

希望がニッチ過ぎる・高すぎる

転職条件の希望がニッチ過ぎたり、高すぎたりする場合も、転職エージェントに断られてしまいやすいです。

あまりにも高い希望を述べたり、ニッチ過ぎる条件を言うのは、転職エージェントを活用したいなら避けた方が良いでしょう。

 

専門性の高い業種や職種である

希望する転職先が、あまりにも専門性の高い業種や職種の場合、「そこの転職エージェントで取り扱っていない」という理由で、お断りされる場合があります。

スキルやキャリアが足りていないという理由ではなく、単にそこの転職エージェントでは求人がないというだけですね。

自分の行きたいジャンルの特化型転職エージェントがあれば、そちらに登録した方が良いでしょう。

 

転職の意志があまりない

転職エージェントは、転職を成功させて初めて報酬がもらえるシステムです。

なので、転職の意志があまりない人に時間を割く暇は、正直ないんですよね。

登録時に「転職希望時期」という欄がありますが、「半年後」「未定」なんて答えてしまうと、断られやすくなってしまいます。

できれば転職する意志が固まってから登録し、「すぐにでも」という欄を選択した方が、登録の確率は高まりますよ。

 

サービス対象外地域在住

転職エージェントサービスは、対面での面談を行う必要があります。

なので会えない地域(サービス対象外地域在住)に住んでいる人は、断られやすい傾向にありますね。

特に、転職エージェントの拠点がない田舎在住の人は登録に不利になりやすいです。

 

フリーターやニート・無職

現在フリーター・ニートや無職の人は、転職エージェントに断られる可能性が高いですね。

特に一回も正社員を経験していない場合、「転職」というより「就職」となります。

そういう場合は、正社員未経験の人用のエージェントもあるので、そちらに登録しましょう。

通常の転職エージェントに登録しても、拒否されてしまうのでおすすめしません。

 

転職エージェントに断られた場合の対処法

転職エージェントの登録に悩む男性

転職エージェントに断られた場合の対処法は、以下の2つですね。

  • 自分の条件でもサポートしてくれる転職エージェントを探すこと
  • 転職サイトや公的支援サービスを活用すること

 

自分の条件でもサポートしてくれる転職エージェントを探す

自分の条件でも登録できて、サポートしてくれる転職エージェントを探すことが大事です。

転職エージェントのA社では断られても、B社では登録してもらえる、ということは多々あるので、断られてもあきらめないでください。

キャリアに自信がなくても、登録拒否されにくい、断られにくい転職エージェントはちゃんとあります。

「自分の条件でもサポートしてくれる転職エージェントを探すこと」=「断られにくい転職エージェントに登録すること」です。

登録審査基準が厳しくない転職エージェントを後述しますので、お断りメールをもらいやすい方はぜひ登録してみてください。

 

転職サイトや公的支援サービスを活用する

転職エージェント以外の選択肢を活用する場合は、転職サイトや公的支援サービスを活用するという方法があります。

 

転職サイトを活用する

転職サイトは、担当エージェントがいない求人情報サービスです。

担当者がいないからといって、転職できないというわけではありませんよ。

もし転職エージェントで断られてしまったら、転職サイトをぜひ活用してみてください。

 

公的支援サービスを活用する

転職エージェントで断られたり、転職サイトでも思うように転職活動が進まない場合、公的支援サービスを活用するという方法もあります。

特に、サービス対象外地域外に住んでいる場合などは、ハローワークなどの公的支援サービスを活用するしかなかったりしますね。

でも活用次第では大手に転職できたりもするので、公的支援サービスもなかなか捨てたものではありません。ぜひ活用してみてください。

 

各転職エージェントのお断り事情

図鑑担当者
転職エージェントに登録したものの、お断りをされてしまった木村さん、坂本さんに集まっていただきました。どうぞよろしくお願いします!
木村さん
よろしくお願いします!50代なので、転職エージェントに登録できないことが多かったですね。いろいろ苦戦しました。。
坂本さん
よろしくお願いします~!20代ですが、転職回数が多いしキャリアがあまり良くないので、たくさんお断りされてしまいました。僕みたいな人も多いと思います・・・。
図鑑担当者
お二人の体験談を交えながら、各転職エージェントのお断り事情を見ていきたいと思います!

 

リクルートエージェントに登録拒否・断られた

リクルートエージェント

業界No.1の転職エージェントで求人数が圧倒的に多く、登録希望者も多いリクルートエージェント。

ですがその分審査基準も高めで、登録拒否されることも多ですね。

登録拒否といっても、実際は”遠回しなお断りメール”が届くという感じです。

登録できたとしても、「紹介できる求人がありません」という内容のメールが来て、案件を紹介してもらえないんですよ。

「確実に転職できそう」と判断された人じゃないと、サポートを受けられない可能性が高いですね。

木村さん
私は一番最初にリクルートエージェントに登録したのですが、年齢が50代なのがネックだったのか、「紹介できる求人がない」というようなメールが送られてきました。やっぱり転職できそうな人じゃないと、サポートしてくれないんですかね・・・。。

スキルやキャリアがある人は登録後のサポートも充実していますが、そうじゃない人に対してはお断りメールが送られてきます。

ただし、保有している求人によってはスキルが低くても登録後のサポートが受けられる場合もあるので、気になったらぜひ一度登録だけしてみてください。

 

マイナビエージェントに登録拒否・断られた

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代などの若年層の転職に強い転職エージェントです。

ですが、ここは意外と断られる可能性が高い転職エージェントなんですよね。

まず、20代~30代くらいをターゲットにしているので、40代~50代はもちろん登録が難しいです。

また、若いから確実に登録できるというわけでもなく、キャリアやスキルがない人は容赦なくお断りされる感じですね。

転職に不利な要素が多い人は、断られる可能性があるのが現状です。

坂本さん
僕はまだ20代なので、20代に強いというマイナビエージェントに登録しようとしたのですが・・・登録できませんでした。。がんばって登録に時間を割いたのに、すぐにお断りされたのでショックでしたね・・・。やっぱりキャリアがないからダメなのでしょうか。不利な要素が多いからダメなのかな。

マイナビエージェントは登録できない人が多いみたいなので、確実に転職できるような経歴の持ち主じゃないと入れてくれないんでしょうね。

マイナビエージェントは登録拒否されても、元から審査が厳しめな転職エージェントなので、気にする必要はないです。

ただし自分ではキャリアに自信がなくても、あっさり登録できる場合もあるので、20代~30代の人はとりあえず登録してみた方が良いでしょう。

 

パソナキャリアに登録拒否・断られた

パソナキャリア

「親身になって相談に乗ってくれる」「女性の転職に強い」など、良い面が多い転職エージェントのパソナキャリア。

ですが、実はここも審査がかなり厳しい転職エージェントです。

スキルやキャリアがない人でないと、登録することができない可能性がありますね。

木村さん
パソナキャリアは親切なイメージがあったので登録してみたのですが、ここでも断られてしまいました。。登録にはかなり時間かかかったのに(涙)。調べてみたら、断られている人は結構多いみたいですね。

転職できる可能性が低くても、できればサポートまでしてほしかったのですが・・・。「転職できる可能性が高い人にだけ」、親身になってくれる転職エージェントってことですかね?

親身になってくれる転職エージェントとして名高いパソナキャリアなのに、審査基準が厳しいってのはちょっと残念ですね。

ただし、サポートを受けた人の評価はものすごく高い転職エージェントなので、ダメ元でとりあえず登録してみるのも有りだと思います。

 

JACリクルートメントに登録拒否・断られた

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

ハイキャリア案件が、質・量ともに豊富な転職エージェントである、JACリクルートメント。

その分求職者に求められるキャリアのレベルも高く、お断りされる確率が格段に高い転職エージェントでもあります。

具体的には、「30代」「年収500万円以上」の条件を満たしていないと、サポートしてもらえないとのこと。

キャリアに自信がある人じゃないと、登録拒否される可能性が高い転職エージェントですね。

坂本さん
僕はさすがに登録しようとすら思わなかったJACリクルートメントですが、僕の友人が登録しようとしていました。ですが、あっさりお断りメールが来たとのこと。。

僕よりははるかにキャリアがある友人でしたが、さすがにここは無理なようでした。30代で、なおかつ高年収の方じゃないと登録できないのかもしれませんね。

普通のキャリア~あまりキャリアに自信がない人は、JACリクルートメントは最初から登録しない方が無難ですね。

ただし登録までできれば、優秀なコンサルタントが親身になってサポートしてくれます。

ハイキャリアな転職も可能になるので、キャリアに自信がある人は登録の価値はありますね。

 

ビズリーチに登録拒否・断られた

ビズリーチ

CMで一躍有名になった転職エージェント、ビズリーチ。

ですがここは年収600万円以上の人(ハイエンド層)向けの転職エージェントなので、年収が低い人やキャリアが浅い人向けではないんですよね。

ビズリーチも登録の審査基準が高く、お断りされやすい転職エージェントです。

正確に言えば「登録だけならできる」のですが、遠回しなお断りメールが来るんですよ。

やはりキャリアに自信がある人のみしか活用できない転職エージェントなのでしょうね。

木村さん
ダメ元でビズリーチにも登録したのですが、やっぱりお断りされました。50代だからというより、年収が低くてキャリアが良くないのが理由でしょうね・・・。。ここはキャリアに自信がある人以外は、登録しない方が良いと思います。

ハイクラス向けの転職エージェントなので、普通のキャリアもしくはキャリアに自信がない人は登録しない方が良いでしょうね。

ただしキャリアに自信がある人なら、より優秀な企業に転職できる可能性が高くなるので、ぜひ登録してみてください。

 

DODAに登録拒否・断られることは少ない

DODA(デューダ)

業界No.2の転職エージェントで、求人数も多く人気が高いDODA。

審査が厳しいのかな・・・?と思いきや、意外とそうでもありません。

実はDODAは、かなりの人が登録できる転職エージェントです。

他の転職エージェントで断られても、DODAは登録できたという人が多いんですよ。

大手転職エージェントなのに登録拒否されにくいのはポイントが高いですね。

坂本さん
大手だからダメかな~と思いつつDODAに登録したら、あっさり登録できました!それまで断られ続けてきたから、嬉しかったのなんのって・・・(涙)。担当エージェントも親切で、ホントありがたかったですね!

担当エージェントの当たり外れも少なく、親身になってくれると評判が高いので、他の転職エージェントで登録できない人はDODAに登録してみましょう。

DODAの公式サイトはこちら

 

type転職エージェントに登録拒否・断られることは少ない

type転職エージェント

サポートが丁寧で、一人一人に時間をかけてくれると評判の高いtype転職エージェント。

type転職エージェントは「登録拒否という概念がない」そうなので、よほどのことがないと登録拒否されないと思います。

求人数で大手には敵わないので、サービスの質にものすごくこだわっているのだとか。

他の転職エージェントで断られた人が、登録するべき転職エージェントの一つです。

木村さん
首都圏に住んでいるので、type転職エージェントにも登録してみたら、なんと登録できました!登録拒否をしない会社のようで、すごく親切に接してくれたので、本当にうれしかったですね。質の高さはピカイチだと思います!

サポート力も高く、登録拒否が一切ない転職エージェントとのことなので希少価値が高いです。他の転職エージェントで登録できない人は、絶対に登録しておきましょう。

type転職エージェントの公式サイトはこちら

 

Spring転職エージェントに登録拒否・断られることは少ない

Spring転職エージェント

人材業界において世界No.1の実績を持つグローバル企業である、Spring転職エージェント。

ホワイト企業・優良企業の求人が多く、サポートも丁寧だと評判が高い転職エージェントです。

Spring転職エージェントは”面談希望者を断らない”というスタンスなので、他の転職エージェントで断られた人でも、ここなら登録できるでしょう。

坂本さん
Spring転職エージェントは「面談を断らない」ってあったので登録してみましたが、確かに登録・面談できました!しかも担当者さんが転職を急かすこともなく、親切にサポートしてくれるんです。こんな質の良い転職エージェントもあるんだな~って思いましたね!

登録を拒否せず、しかも担当エージェントの質も高いのがSpring転職エージェントです。

他の転職エージェントで断られた人は、ぜひSpring転職エージェントに登録してみてくださいね。

Spring転職エージェントの公式サイトはこちら

 

転職エージェントの登録難易度ランキング

転職エージェントの登録難易度ランキング

転職エージェントの登録難易度が高い順のランキングは、以下の通りです。

1位:JACリクルートメント・ビズリーチ
2位:リクルートエージェント・マイナビエージェント・パソナキャリア
3位:DODA・type転職エージェント・Spring転職エージェント

上に行く方が難易度が高く、下に行く方が難易度が低いですね。

キャリアに自信がある人は上の転職エージェント、キャリアに自信がない人は下の転職エージェントに登録した方が効率が良いと思います。

ただし登録自体は無料なので、気になった転職エージェントはどれでも登録してみる価値はありますよ。

 

登録基準が厳しい転職エージェント

登録基準が厳しい転職エージェントは、主に以下の5つです。

基本的には、キャリアに自信がある人が登録するべき転職エージェントですね。

ただ審査基準は厳しめですが、保有案件によっては登録できる場合もあるので、キャリアに自信がない人でも登録してみる価値はあります。

登録自体は無料なので、気になる転職エージェントがあったら登録してみてください。

JACリクルートメント・ビズリーチ以外の転職エージェントなら、今まで普通に働いてきた方なら登録できる可能性が高いです。

 

登録基準が優しい転職エージェント

登録基準が優しい転職エージェントは、主に以下の3つです。しかも質の高い転職エージェントなので、かなりおすすめですね。

もし他の転職エージェントにお断りされたり、自分のキャリアに自信がない人は、上記の転職エージェントに登録してみてください。

お断りされる可能性が非常に低いので、ショックを受けずに済みます。

また、他にはワークポートハタラクティブなんかも登録基準が比較的優しいので、同時登録するのも有りですね。

特にハタラクティブは、既卒やフリーター・ニートなども対応してくれるので、キャリアに全然自信がない人にはかなりおすすめです。

 

転職エージェントに断られない・登録拒否されないコツ

リクルートエージェントの転職希望時期

「転職エージェントに登録拒否される前に、できるだけ断られないコツみたいなものはないのか?」と気になる人は多いのですが、実はあります。

それは、以下の3点。

  • 転職希望時期の設定
  • 英語力の設定
  • 自由記入欄の記載

このような点が、お断りメールを回避しやすくなるポイント箇所ですね。

年齢や収入、スキルやキャリアなどは、どんなに頑張っても変えられない部分です。

それ以外の変えられる部分を変えて、できるだけ登録されやすくなるように工夫しましょう!

 

転職希望時期をできるだけ早い時期に設定すること

転職エージェントに登録する際、転職希望時期を聞かれることがほとんどです。

その際、転職希望時期を「半年後」「一年後」「未定」なんて設定してしまうと、お断りされる可能性が高くなってしまうんですよ。

できれば「すぐにでも」という転職希望時期に設定しておいた方が、「転職する気満々な人なんだな!」とエージェントが判断して、登録されやすくなります。

転職希望時期は、あまりにも先に設定するのはやめましょう。

今すぐに転職する気がないなら、むしろ今は登録しない方が良いということを覚えておいてください。

 

英語力を高めに設定すること

転職エージェントによっては、登録時に英語力を聞かれることがあります。

その際に、語学レベルを何段階かに分けて聞かれますが、英語が苦手で出来ないと思っていても、「語学力無し」を選ばないことです。

学生時代に普通に英語を学んできたのですから、語学力がないと思っていても簡単な英会話レベルはあるはずです。(中学レベルの英単語さえ話せれば、一応通じますし)

なので、絶対に「語学力無し」という最低レベルを選ばないようにしましょう。

あまりにも語学力がないと判断されると、転職エージェントでは登録拒否されやすいんですよ。

英語力は自分が思っているより多少上に設定しておいた方が、登録されやすくなるのでおすすめです。

 

登録時に自由記入欄があったら強い転職意志を書く

登録時に、自由記入欄がある転職エージェントもあります。

そこには今までの経歴を書いたり、希望事項を書いたりすることができるのですが、ここが勝負どころです。

この自由記入欄で、あなたが本気で転職したいという熱意を書いて伝えるんですよ。

自由記入欄があったら、絶対に空白で登録しないでくださいね。

特に、キャリアが低いにも関わらず空白で登録してしまうと、紹介できる求人が少ない+転職の意志が低いとみなされて、断られる可能性がさらに高くなってしまうからです。

自由記入欄がある転職エージェントなら、空白にせず自分の転職の意志を伝えるため経歴等をしっかり書いて、転職エージェントの心を動かしましょう。

そうすれば、登録の可能性は格段に上がります。

 

転職エージェントには複数同時登録すること

転職エージェントの複数登録を勧める

転職エージェントに断られるとショックですが、よくあることなのであまり落ち込まないことです。

ですがやっぱりお断りメールが来ると大きなショックを受けてしまうので、最初から複数の転職エージェントに登録して、お断りのショックをできるだけ和らげるようにしましょう。(他のエージェントがあるさ!と思えるので)

ただし、複数の転職エージェントに登録した方が良いとはいえ、あまりにも多く同時登録するのも良くないです。

なぜかというと、転職エージェントには”サポート期間”が設けられているから。

このサポート期間(3カ月~半年)が過ぎてしまうと、その後そこでサポートが受けづらくなってしまうんですよ。

なので最初は2~3社にまず登録して、断られたら他の転職エージェントにも登録してみる、という感じが良いですね。

ただし、登録できたとしても1社のみの利用よりも、複数同時に活用した方が効率が良いので、最終的には3社くらい同時活用できるのが望ましいです。

 

坂本さん
あちこちで断られた僕ですが、DODAとSpring転職エージェントには登録できました。僕はこれからここで転職活動をがんばってみようと思います!お断りメールばかりもらう人も、あきらめないでほしいです。
木村さん
断られてへこむことも多かったですが、私はtype転職エージェントに登録できました。DODAとSpring転職エージェントも断られにくいんですね、登録してみようかな・・・!
図鑑担当者
断られにくい転職エージェントもあって本当に良かったです。同じように転職エージェントに断られてばかりいる方の励みになると思いますよ!これから転職活動がんばってくださいね。今回はどうもありがとうございました!

 

【まとめ】断られにくい転職エージェントに登録してみよう!

登録できる転職エージェントがあって安堵する人

キャリアに自信がない人や、登録してもお断りメールが来てしまう人は、断られにくい転職エージェントに最初から登録しておいた方が良いです。

登録拒否されにくい・断られにくい転職エージェントは、以下の3つ。

上記3社は断られにくい転職エージェントなので、登録してもお断りメールが来る確率は低いです。

「お断りメールばかり来て辛い・・・。」という方は、ぜひ登録してみてくださいね。

転職エージェントに登録した際に断られたらとてもショックですが、中には断らないで真摯に対応してくれるところもあるので、あきらめないでください。

「最終的に自分が満足できる会社に転職できるかどうか」が一番重要なので、自分をサポートしてくれる転職エージェントを見つけ、そこで転職活動を進めていきましょう。

シェアをお願いします。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像