1. ホーム
  2. 転職エージェント
  3. ≫転職エージェントを活用するメリットとデメリットを徹底解説!

転職エージェントを活用するメリットとデメリットを徹底解説!

転職エージェントのメリットとデメリットについて語るエージェントたち

転職エージェントは無料で活用できるけど、「タダほど高いものはない」っていいますし、活用するのが本当に良いことなのかどうか、不安になったりしますよね。

転職エージェントを活用した方が転職活動が有利になるのは間違いないのですが、活用方法を誤ると、逆効果にもなったりするんですよ。

転職エージェントを活用するには、そのメリットとデメリットを把握しておかなければいけないんです。

無料で登録可能!転職サイトランキング

目次

転職サイトと転職エージェントの違いって何?

転職サイトと転職エージェントの違いに悩む男性

転職サイトと転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーがつくかどうか、が大きな違いとなります。

転職サイトは担当がつかないので自由に転職活動ができるメリットはありますが、悩んだ時もすべて一人で解決しなければいけません。

その分転職エージェントを活用すると、担当のキャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるので、転職活動がスムーズにいきやすいんですよ。

自分の性格や状況において転職サイトを使うか、転職エージェントを使うかを決めた方が良いですが、今回は転職エージェントを使うメリットとデメリットについて見ていきますね。

 

転職エージェントを使うデメリット

転職エージェントのデメリットを伝える手

まずは、転職エージェントを使うデメリットを見ていきましょう。

いったいどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

転職を急かされることがある

転職エージェントは、あなたが内定をもらうと企業側から多額の報酬をもらいます。

なので、その報酬がほしいがために「なんとかして転職させよう」と誘導してくるんですよ。

また転職エージェントには自分のノルマがあり、それが結構厳しいため、一生懸命転職を勧めてきます。

本当にあなたのことを考えているわけではなく、自分のノルマのために転職を勧めてしまう場合もあるんですよ。

特に、転職をしようかどうか検討している段階の人は、気をつけて転職エージェントを活用した方がいいですね。

営業トークに乗せられて、間違った転職をしてしまうことのないようにしましょう。

 

転職市場の価値が低いと案件を紹介してもらえない

転職市場の価値が低い場合、案件を紹介してもらえない場合があります。

年収が少なかったり、正社員のブランクが長かったりすると、紹介してもらえないなんてことも。年齢が高かったり、未経験から正社員になろうとする場合も同様ですね。

ただ、転職エージェントを活用すること自体は全員ができるので、「自分はダメなんだ・・・」なんて思いこまず、まずは気軽に登録してみることをおすすめします。

 

転職エージェントの都合で企業を紹介されることがある

転職エージェントは、求人企業からお金をもらうシステムとなっています。

あまり人気がない企業があったとしても、そこから報酬をもらわなくてはいけないため、求職者に勧めてくるケースもあるんですよ。

必ずしもあなたに合った企業だけを紹介してくれるわけではなく、自分の都合で紹介してくる可能性もあるので、気をつけなければいけません。

 

転職エージェントを仲介する分転職活動に時間がかかる

自分一人で転職活動をする時と違い、転職エージェントを活用するとやり取りがある分、時間がかかる場合があります。

エージェントと電話をしたり、面談のために訪問したりすると、かなりの時間となってしまうんですよね。

また、企業との間にエージェントが入るので、結果連絡にも時間がかかったりすることが多いです。

一人でやるより力は得られますが、コミュニケーションに時間がかかるのはデメリットですね。

 

転職エージェントによってスキルに差がある

転職エージェントは、担当者によってスキルに差があります。

ベテランのエージェントに当たれば有利な情報や有益なテクニックを教えてもらえますが、経験の少ないエージェントに当たると不適切なアドバイスをされることも。

また、口が悪かったり倫理観が低いエージェントも中にはいるので、そのような人に当たってしまう可能性もあります。

もしあまりにもスキルが低くて耐えられなかったり、合わないなと感じるエージェントが担当になったら、担当を変えてもらうか、別のエージェントサービスを利用するようにしましょう。

最初から複数のエージェントサービスに登録しておくと、自分に合ったエージェントを見つけやすくなるのでおすすめです。

 

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを活用する女性

次は、転職エージェントのメリットを見ていきましょう。

転職エージェントを活用すると、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

 

基本的に無料で利用できる

転職エージェントは、ハローワークや転職サイトと同様に、無料で活用できます。

採用した企業が、人材紹介の成功報酬としてお金を払うことになっているため、求職者がお金を払う必要はないんですよ。

どんなに手厚いサポートを受けても、0円です。お得ですよね!

この転職エージェントを活用した方が転職活動は有利に進むので、転職希望者は全員登録しておいた方が良いでしょう。

 

非公開求人や独自求人を紹介してくれる

ハローワークや転職サイトにある求人は、全体の20%程度です。

残りの80%は非公開求人なんですよ。転職エージェントに登録すれば、その非公開求人を紹介してもらうこともできます。

また、転職エージェントに登録すると、そのエージェントサービスの独自求人を紹介してもらえることも。

非公開求人や独自求人の方が、魅力的なポジションや年収だったりするので、キャリアアップしたい人はぜひ転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

スケジュール調整など面倒な手続きを全部やってくれる

求職者に合った求人を探して応募してくれたり、面接のスケジュール調整をしてくれるなど、面倒な手続きは全部転職エージェントがやってくれます。

自分一人でやるとかなり時間がかかるので、転職するなら転職エージェントを活用した方が時短することができておすすめです。

 

年収交渉や入社日の調整など言いづらいことを伝えてくれる

転職エージェントは、年収の交渉や入社日の調整など、言いづらいことを企業に伝えてくれます。

特に年収の交渉などは自分でしづらいため、転職エージェントに交渉してもらうのがベストですね。

 

自分のキャリアや長所を客観的に理解できる

転職エージェントを活用すると、自分のキャリアや長所などを客観的に理解できるようになります。

どのように表現したらあなたの魅力が最大限に伝わるのか、エージェントにアドバイスしてもらうことができるんですよ。

自己PRが上手にできるようになれば、その分転職活動も有利に進むようになります。

自分だけで自分を理解するのではなく、プロのエージェントのアドバイスをもらった方が、よりプッシュすべき点がわかるようになりますよ。

 

履歴書や職務経歴書を添削してくれたり面接対策してくれる

履歴書や職務経歴書は、ただ書けばいいというものではありません。

企業が「採用したい!」と思うような内容の履歴書や職務経歴書を提出しないと、書類選考すら突破できないこともあるんですよ。

そんな履歴書や職務経歴書を、転職エージェントは添削してくれたりします。

書類選考が通りやすい履歴書や職務経歴書に仕上げることができるようになるので、転職活動がものすごく有利になるんですよね。

また面接対策をしてくれることもあり、中には模擬面接をしてくれる転職エージェントもあります。

ぶっつけ本番で面接に臨むのと、練習を重ねてから面接に臨むのとでは、内定獲得率に大きな違いがあるので、ぜひ活用してほしいですね。

履歴書や職務経歴書の添削・面接対策をしてくれる転職エージェントを活用した方が、はるかに採用されやすくなりますよ。

 

社内の雰囲気や情報を知ることができる

通常、求人募集だけじゃ社内の雰囲気までは知ることができません。

「なんとなく良さそう」と思って入社してみたら、実際はギスギスした雰囲気の会社だった・・・なんてこともあります。。

でも転職エージェントを活用すれば、行きたい企業の社内の雰囲気まで教えてもらうこともできるんですよ。

転職エージェントは企業側とコンタクトを取る機会が多く、人事の人とは直接話したりしています。

そのため、社内の雰囲気や情報をいろいろゲットしていることが多いので、それを教えてもらうことができるのがメリットですね。

 

求職者の魅力を人事に推してくれるので転職活動に有利

面接で思う通りに話せなかったとしても、その後エージェントが人事にコンタクトを取り、求職者の魅力を人事に伝えてくれたりしています。

「面接だと緊張して、自分の良さを最大限発揮できなかった・・・」、なんてことはよくありますよね。

でも、エージェントがあなたの良さをしっかりと推して、カバーしてくれるんですよ。

エージェントの力で面接が突破できることはよくあるので、一人で転職活動するよりもはるかに有利になります。

 

転職活動の相談に乗ってくれる

転職活動は、孤独な辛い戦いです。本来は自分一人でやらならければならないものであり、相談できる人はほとんどいないのが普通なんですよ。

でもそんな辛い転職活動について、相談に乗ってくれるのが転職エージェントです。

不採用が続いた場合にも相談できるし、内定後の退職時の相談に乗ってくれるなど、転職活動全般において心強い味方となってくれるんですよ。

一人で悩むよりも楽に転職活動を進められるので、不安な人は絶対に転職エージェントを活用した方が良いですね。

 

転職エージェントを活用した方が良い人

転職エージェントの大事さを伝える女性

転職エージェントは、転職活動を検討している全ての人が利用すべきサービスです。

登録自体は無料ですし、「やっぱりエージェント使わなくていいや!」と思った時に利用を辞めても、損はしませんしね。

中でも、以下の状況に当てはまる転職活動者は、絶対にエージェントサービスに登録すべきです。

  • 初めての転職活動が不安な人
  • 忙しくてスケジュール調整が難しい人
  • 年収交渉をしてほしい人
  • 転職活動に悩んでいて意見がほしい人
  • 転職活動で失敗したことがある人
  • 平日がなかなか休めない人
  • 履歴書や職務経歴書の作成が苦手な人
  • 面接が苦手な人
  • 遠方への転職を検討している人

このような状況の人は、エージェントサービスを利用した方が効率的に転職できます。

最終的にエージェントを使わずに転職してもいいので、最初はとりあえず登録してみて、エージェントサービスがどんなものかチェックしてみましょう。

 

転職エージェントを活用しない方が良い人

転職エージェントを活用しなくてもいい場合を伝える女性

逆に、転職エージェントを活用しない方が良い人もいます。

以下のような状況の場合は、転職エージェントを使わず自分一人で転職活動した方が、スムーズに決まりやすいんですよね。

  • 受けたい企業が明確に決まっている人
  • 未経験な職業から正社員を狙う人
  • 創業したばかりのベンチャー企業に行きたい人
  • 一人でマイペースに転職活動したい人

自分の受けたい企業が決まっているのに転職エージェントを活用したら、違う企業を紹介されて、そっちまで面接させられたりと面倒なことになります。

また、いろんなことをアドバイスされるのが逆に面倒になってしまう人は、転職エージェントを使わず自分一人でマイペースに転職活動した方が良いですよね。

今の自分にとってエージェントサービスが本当に必要かどうか、ということをちゃんと考えてから利用するようにしましょう。

とはいえ、転職エージェントがどんなものか理解するためにも、使わない予定でもとりあえず登録だけしてみる、というのもアリです。

”登録したら必ず利用しなければいけない”というわけじゃないので、雰囲気を見るために登録だけしておくのも良いですね。

 

転職エージェントの正しい選び方

転職エージェントの正しい活用方法を伝える女性

転職エージェントには、総合転職エージェント特化型転職エージェントがあります。

総合転職エージェントは、いろいろな業界に渡って大量の求人案件を保有していて求人を探すのには便利ですが、業界専門知識等には弱かったりします。

特化型転職エージェントは、業界専門知識は豊富ですが、案件数が少なく、中小企業が多かったりするのがデメリットですね。

アパレルやIT系など、そこの業種に絶対に行きたい!と決まっている人なら、特化型転職エージェントに登録した方が良いです。

それ以外の人は、総合転職エージェントに登録するのが良いですね。

特定の業界に行きたい人でも、総合転職エージェントに登録しておいた方が間違いはないので、総合転職エージェントはほぼ全員におすすめです。

 

特化型転職エージェントを選ぶ場合

転職したい業界がアパレル系など特殊な場合は、特化型転職エージェントを選びましょう。

担当となったエージェントがその業界出身者だったり、知識が豊富な場合は、転職活動に大きく有利になります。

 

総合転職エージェントを選ぶ場合

転職先が特定の業界でなかったり、より多くの求人の中から選びたいという人は、総合転職エージェントを選びましょう。

ただし、エージェントであるキャリアアドバイザーとの相性が大事になってくるので、必ず数社登録して、自分に合ったキャリアアドバイザーと出会うことが大事になります。

一人のエージェントの話をうのみにせず、自分に合った信頼できるキャリアアドバイザーを探しましょう。

 

転職エージェントを上手に活用する5つの方法

転職エージェントにログインする男性

転職エージェントに登録したら、そのエージェントを最大限に活用することが大事になります。

転職活動が有利になりますし、転職が成功した方がエージェントも喜ぶので、一石二鳥!

登録したからには、最大限転職エージェントを有効活用しましょう。

 

転職エージェントは複数登録して掛け持ちがおすすめ

転職エージェントは、1社のみしか登録してはいけない、なんてことはありません。

むしろ、何社も複数登録することが基本です。

1社のみの登録だと、より多くの求人を見ることができないし、なんといっても自分に合ったキャリアアドバイザーと出会える確率が少なくなります。

転職エージェントを活用して転職を成功させる鍵は、自分に合った担当者と出会うこと。

なので複数の転職エージェントに同時登録して掛け持ちしつつ、自分に合ったキャリアアドバイザーがいるエージェントをメインに活用するのがベストです。

転職エージェントは最初から2~3社同時に登録して、自分が信頼できる担当者と共に転職活動をするようにしましょう。

 

転職エージェントと頻繁にコンタクトを取ること

転職エージェントとは、頻繁にコンタクトを取ることが大事です。

こまめに連絡を取ったり、マイページに頻繁にログインをすることが重要ですね。

何も連絡がなくなると、転職活動は終わったんだと認識されてしまい、案件の紹介連絡も次第にこなくなってしまいます。

とにかく毎日マイページにログインだけでもしておいて、転職活動のやる気をアピールしておきましょう。

 

複数の転職エージェントから同じ案件に応募しないこと

複数の転職エージェントに同時登録するのは基本ですが、同じ求人案件に複数の転職エージェントから応募するのはやめた方がいいです。

重複応募となってしまい、企業側とエージェント側の両方からの信頼を失ってしまうんですよ。

企業側には、「自分がどの企業に応募しているのか把握できていない、自己管理ができていない人」と捉えられてしまい、悪印象を与えてしまいます。

入社しても適当な働き方をするのではないか、トラブルを引き起こすのではないか、と思われ、マイナス評価となってしまうんですよね。

例え最初のエージェントからの書類が通っていたとしても、不採用となってしまう場合もあります。

エージェントも、NGと言われている重複応募を繰り返すような人は信用できなくなり、仕事とはいえ力を入れて転職活動を応援してくれなくなります。

このような危険性があるため、複数の転職エージェントから重複応募することは絶対に避けましょう。

 

他の転職エージェントを掛け持ちしていることを正直に話す

転職エージェントを掛け持ちしていることを隠しておくと、同じ求人案件を紹介された時に重複応募を避けたくても、断る理由が見つからなくて困ることがあります。

嘘の理由で断った場合、「こういう案件はイヤなのか・・・」と勘違いされ、同じような好条件の求人を紹介してもらえなくなってしまうことも。

そういうリスクを軽減させるためにも、転職エージェントを掛け持ちしていることは正直に話しておいた方が良いです。

転職活動において、転職エージェントを同時活用して掛け持ちすることは珍しいことではありません。

掛け持ちしていることを伝えたからといって、エージェントが態度を変えたり手を抜いたり・・・なんてことはないんですよ。

むしろ「他の転職エージェントで内定を決められたら困る!」と焦り、かえってヤル気をアップしてくれることがあります。

なので、転職エージェントを掛け持ちしていることはちゃんと話しておきましょう。

 

合わないエージェントなら担当を変えてもらうこと

自分に合わないエージェントが担当になってしまった場合は、変更してもらいましょう。

そんなエージェントが担当のままでは、転職の成功率も大きく下がってしまいます。

あなたが転職できなければエージェントがついている意味がないので、担当を変えてもらうか、他の転職エージェントを活用するようにしましょう。

担当変更の場合、本人には直接言いづらいと思うので、担当変更窓口に連絡するのがベストです。

 

転職エージェントを活用するメリットとデメリットのまとめ

転職エージェントを活用しようと意気揚々としている男性

転職エージェントを活用するとデメリットもありますが、有効活用すればメリットの方が大きいものとなります。

そのメリットの方を取れば、転職エージェントを活用した方が転職活動を有利に進められるんですよね。

転職活動をスタートさせた時点で、2~3社のエージェントサービスに複数登録しておくのがベスト。登録自体は無料ですからね。

自分に合った転職エージェントを見つけて、効率的に転職活動を行いましょう!

シェアをお願いします。

無料・1分で登録可能!転職エージェントランキング

圧倒的な求人数と高い内定率が強み
リクルートエージェント
5
運営会社株式会社リクルートキャリア
非公開求人約10万件
業務内容転職エージェント
リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント!

  • 豊富な求人数と高い内定率を誇る
  • 非公開求人数は10万件で業界No.1!
  • 企業との交渉力に優れていて内定率が高い

業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数があるリクルートエージェント。

優秀なキャリアアドバイザーが多く、内定率の高さはピカイチですね。

転職を考えたら、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

親身になってサポート
DODA(デューダ)
4.5
運営会社パーソルキャリア株式会社
非公開求人約8万件
業務内容転職エージェント
DODA(デューダ)

転職者満足度No.1転職エージェント

  • 担当の当たり外れが少ない
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 書類作成や面接対策も丁寧にサポート

担当者が親身になってくれるので、転職希望者の満足度が一番高い転職エージェントです。

サポートも丁寧でしっかりしているので、転職に不安を感じる人はDODAも必ず登録しておきましょう。

20代・第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社株式会社マイナビ
非公開求人約1.5万件
業務内容転職エージェント
マイナビエージェント

20代と第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代や第二新卒の転職に強い転職エージェント
  • 大手企業求人の人事担当者とのパイプあり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

国内最大級の転職支援実績を持つ、20代や第二新卒の転職に強いマイナビエージェント。

大手企業や優良企業の求人も豊富なので、こちらも必ず登録しておくべき転職エージェントです。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像