1. ホーム
  2. 残業・長時間労働
  3. ≫もう限界!体力が持たないから仕事を辞めたい人の対処法

もう限界!体力が持たないから仕事を辞めたい人の対処法

体力がもたない仕事でヘトヘトな男性

「仕事してるとヘトヘトになってしまう・・・体力がもたない・・・限界」

もしあなたがこんなふうによく悩むなら、結構危険な状態です。

それは、今の仕事があなたに合っていないかもしれないから。

そのまま働き続けると、もしかしたら倒れてしまうかもしれませんよ。

激務な仕事や自分の体力に合っていない仕事は、長く続けるべきではありません。

早いうちになんとかしないと、あなたの心と体が破壊されてしまう危険性があります。

スポンサーリンク

体力が持たない仕事を続けていたら病気になる可能性もある

体力がもたない仕事で疲れている女性

  • 体を酷使する仕事だから体力がもたない
  • 仕事量が他の人より多くて体力がもたない
  • 体力が人より劣っているため体力がもたない

いろんな理由で、「体力がもたない」って感じる人は多いです。

「仕事に対して体力がもたない」というのは、致命的ですよね。

体力があってこその仕事、その体力がもたないなら「その仕事はできない」と言ってるのと同じです。

でも、「体力がもたない」ほどの激務な仕事を続けている方が問題ですよ。

体力がもたない仕事をずっと続けていると、病気になってしまう可能性もあるからです。

毎日ヘトヘトになりながら仕事を続けていれば、いつか倒れてしまうかもしれません。

放っておけば、うつ病や脳卒中、心疾患になってしまう危険性すらありますよね。

「体力がもたなくても気合いでカバーすればいいんだ!」なんてことでもありません。

心と体はつながっているので、ヘトヘトに疲れきっていたら気合いも出ないですよね。

体力がもたない仕事を続けるのは危険であり、深刻な病気を引き起こしてしまう可能性があることは覚えておきましょう。

 

体力が持たないなら体力をつければいい?辞めたいほど悩む人の対処法

体力がもたない仕事で疲れている男性

「体力がもたないなら体力をつければいいじゃない」

こんなふうに言う人がどこかにいそうですが、これは簡単なことじゃありませんよね。

体力って簡単につくものじゃないし、そもそも普段ヘトヘトになるまで働いている人は、体力をつける暇すらないです。

仕事で疲れきっているので、休みは1日中寝ている・・・なんて人も多いでしょう。

なので、簡単には「体力をつければいい」とは言えないのが現状です。

ここでは、「体力をつける」以外の対処法をご紹介しますね。

 

仕事を効率化する

まずは、仕事を効率化することから検討しましょう。

今時間がかかっている仕事を、短縮できるところは短縮してしまうんです。

例えば、よく使うメールはテンプレ化するなど。

私は、よく使う文章は単語登録していましたね。

「いつもお世話になっております。」を毎回メールの文頭に使っていたので、「いつもお世話になっております。」を「い」で単語登録していました。

すると、「い」を打って文字変換するだけで「いつもお世話になっております。」が出てくるようになります。これだけでかなり時間が短縮できるんですよ。

他には「ありがとうございます」を「あ」で登録、などいろいろ単語登録していました。

文字予測があるとはいえ、途中まで打ち込むのと最初の一文字だけで全文出てくるのでは、時間が違います。

ほんの少しの短縮ですが、積み重ねれば大きな時間になるので、こういった効率化はした方が良いでしょう。

パソコンだとショートカットキーを覚えれば、さらに入力時間の短縮につながります。

これはパソコンを使った仕事に関してですが、他の仕事でもいろいろな部分で短縮できることがありますよね。

自分の仕事は何が短縮できるかを考えて、できるだけ効率良く働けるようにしましょう。

 

上司に相談する

仕事量が多い場合、上司に相談してみるのも一つの方法です。

あなただけに大量に仕事が割り振られている場合もありますよね。

それで倒れそうなほど忙しいなら、上司に言って、他の人への分担を増やしてもらいましょう。

あなたが倒れてしまった方が上司としては困るので、分担を考えてくれるはずです。

しかし上司が無能な場合、分担してくれないこともあるんですよね。。

そんな場合は上司の上司に相談してでも、業務を分担できるようにお願いしてください。

嫌な目で見られる可能性もありますが、自分の体の方が大事ですよ。

私は上司に頼んでも業務量を分担してもらえず、結局倒れてしまったことがあります。

倒れてしまったら自分が辛い思いをするだけなので、倒れる前に仕事を分担してもらえるように上司に頼んだ方が良いですよ。

 

仕事自体を変える

体力が持たずにヘトヘトの毎日だったり、寝ても寝ても体力が戻らず朝からフラフラ・・・なんて人もいますよね。

体力の限界を感じているくらいなら、いっそのこと仕事自体を変えてしまうというのもアリです。

体力がもたない仕事なんて、あなたにその仕事が合っていないという証拠。

そんな仕事は長く続かないので、早いうちに違う仕事に就いた方が良いですよ。

我慢して働き続けて病気になったら、他の仕事に就くこともできなくなります。

がんばって働き続けて病気になっても、会社はあなたを助けてくれるわけではありません。そのままサヨナラです。

そんな理不尽な目には遭いたくないですよね。だから、自衛するしかないんですよ。

まだ動ける今のうちに、もっと楽な違う仕事を見つけてそちらに行くというのも、とても現実的な方法です。

 

体力が持たなくてきついなら仕事を辞める勇気も必要

体力がもたない仕事で疲れている女性

「体力がもたない」という人の中には、仕事量が多くて激務でヘトヘトな人もいれば、そもそも体力が少ない体でヘトヘトになってしまうという人もいるでしょう。

でもどんな理由であれ、体力がもたない仕事は続けるのが辛いものがあります。

私も、以前は仕事で毎日ヘトヘトになって限界まで働いていました。

仕事量が多いうえに、もともとの体力もあんまり無い方だったので、フラフラになるのは必至というところでしたね(笑)

毎日あっという間に時間が過ぎてしまい、疲れきっていました。

夜も寝るだけ・休日も1日中寝て体力を復活させないと、月曜日から仕事ができないくらいだったんです。

このままだと病気になってしまうかもしれない・・・そんな危険を感じて、私は転職することにしました。

今では当時よりはるかに楽な仕事に就いたので、毎日帰宅後に好きなことができるし、土日も遊びに出かけられるようになって充実しています。

あのまま体力的にきつい、もたない仕事を続けなくて本当に良かったと思っていますよ。

もしあなたも、「体力がもたなくて限界」と感じているなら、その仕事を辞める勇気も必要です。

あなたに合った、もっと楽な仕事はこの世に山ほどあるんですよ。

体力がもたなくてフラフラになる今の仕事を続けることが、本当にあなたにメリットがあるのかどうか、ちゃんと考えてみてください。

倒れてしまうリスクや病気になってしまうリスクを考えたら、もっと楽な、あなたに合った仕事を選んだ方が良いかもしれませんよ。

 

【まとめ】体力が限界で持たないなら転職しよう

体力がもたない仕事から転職する男性

体力がもたない仕事を続けていたら、いつか本当に「限界だ」と感じる瞬間が来ます。

最初は気合いでカバーできますが、次第に気合いを入れてもどうにもならなくなるんですよ。というか、ヘトヘト状態が続いたら、気合いも出なくなります。。

今はなんとかなっていたとしても、ある日突然ガクンと動けなくなる日がくる可能性もあるので、できれば早めに対策を練った方がいいでしょう。

仕事を効率化したり、上司に頼んで仕事を分担してもらったりと、いろいろがんばっても変わらないなら、転職してしまった方がいいですね。

転職してもっと楽な仕事に就けば、一瞬で体力の悩みが解決するからです。

今すぐ辞めなくても、転職サイトや転職エージェントに登録しておくだけでも心の余裕ができるので、登録だけはしておいた方が良いですね。

「これだ!」と思う求人が見つかったらすぐに行動に移せるし、「いざとなったら転職すればいいさ」と逃げ道を作っておくだけでも、心が軽くなるからです。

心の余裕を作るためにも登録しておき、常に求人をチェックしておくのがベストですよ。

あなたに合った職場を紹介してくれる転職エージェントランキング

※転職エージェントの登録・利用は全て無料です。相談だけでもOKです。

関連記事

スポンサーリンク

シェアをお願いします。