1. ホーム
  2. 転職コラム
  3. ≫毎日の残業が辛くて辞めたい!残業のない定時で帰れる仕事に転職しよう

毎日の残業が辛くて辞めたい!残業のない定時で帰れる仕事に転職しよう

残業に疲れた女性

  • 毎日残業ばかりで疲れた・・・
  • 残業の毎日で自分の時間が全然ない・・・
  • そもそも定時で帰れる仕事なんてあるの?

残業ばかりの毎日って、本当に辛いですよね。。

今日も残業、明日も残業。自分の人生って残業のためのものなの?

何のためにこんなに仕事しているんだろう?と疑問が浮かんでも、生活のために仕方なくまた残業の毎日。

でも、世の中には定時で帰れる仕事もあるんですよね。17時や18時に帰る人も、ちゃんといるんです。

残業が辛くて辞めたいなら、定時で帰れる仕事を選択するというのも有りですよね。

今回は毎日の残業が辛い人の対処法と、定時で帰れる仕事への転職方法をご紹介します。

定時で帰れる仕事をチェックしたい人はこちら定時で帰れる仕事一覧
転職エージェントをチェックしたい人はこちら転職エージェント一覧

無料で登録可能!転職サイトランキング

残業を毎日するのって当たり前なの?

残業は当たり前だと頑張る男性

「残業ばかりで毎日ヘトヘト・・・この残業って、どこの会社でも当たり前のことなんですかね?」

そんな質問をよく受けますが、本来残業なんて当たり前のものじゃないです。

海外なんて、「残業する人は仕事ができない人」ってことになってますしね。

本来は日本でも、労働者は

  • 1日の労働時間は8時間
  • 週の労働時間は40時間

と労働基準法で決まっています。

法定の労働時間、休憩、休日
使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

本文引用労働時間・休日 |厚生労働省

でも、今の日本では毎日8時間労働の会社ばかりではありませんよね。どこもかしこも残業させる企業ばかりです。

「定時に帰る方がおかしい」という思考回路の方もいるくらいですしね。

でも、本来は定時で仕事が終わるのが当たり前。残業は当たり前じゃないんですよ。

「36協定(サブロク協定)」によって時間外労働は認められていますが、それでも月45時間の残業まで。それ以上の長時間の残業は、法律でも認められていないんですよね。

定時で帰れる会社も、世の中には山ほどあります。中には、残業がある仕事に就いたことがないなんて人もいるくらいなんですよ。

長時間の残業を毎日するのは、当たり前のことじゃないんです。

でもどうしても今の日本では、「残業することが当たり前」のような状態になってしまっているのは否めません。

定時で帰れる仕事の人もいる一方、毎日の残業に苦しめられる人も多いのが現状です。

 

毎日の残業の平均時間はどれくらいが普通なの?

残業平均時間

画像引用約6万8000件の社員クチコミから分析した’残業時間’に関するレポート~Vorkers~

上記は、Vorkersという社員クチコミサイトの調査結果です。

この調査結果によると、全体の平均残業時間は約47時間となっていますね。

そして、1日あたりの残業時間は1~2時間の人が全体の41.2%です。

つまり、日本の平均的な残業時間は1~2時間ということですね。

でも実際は、もっと長時間残業させられている人もたくさんいます。

次は、残業1~5時間のケースを個別に見ていきましょう。

私たちの心と体は、いったいどれくらなら残業しても耐えられるのでしょうか?

 

毎日の残業が1時間(月20時間)

毎日の残業が1時間だと、20日間働いたとして月20時間の残業ということになります。

月1時間くらいの残業は、どこの会社でもよくありますよね。

定時で帰るよりはキツイですが、1時間くらいの残業なら良い方でしょう。

 

毎日の残業が2時間(月40時間)

毎日の残業が2時間だと、20日間働いたとして月40時間の残業ということになります。

月45時間までの残業が36協定でも認められているので、月40時間ならギリギリOKですね。

ただし自分の時間はあまり持てず、疲労もたまりやすいため、人によっては2時間でも辛いと感じるでしょう。

 

毎日の残業が3時間(月60時間)  

毎日の残業が3時間だと、20日間働いたとして月60時間の残業ということになります。

心身の健康に影響が出始めるのが、この月60時間の残業からですね。

自由な時間は全くなく、疲労も蓄積して病気になりやすくなります。

うつになったり脳卒中になったりと、大きな病気になりやすいのも月60時間の残業から。

毎日3時間の残業を続けると、心身の健康を破壊する可能性が高くなってしまいます。

 

毎日の残業が4時間(月80時間)

毎日の残業が1時間だと、20日間働いたとして月80時間の残業ということになりますね。

自分の時間はゼロになりますし、疲労もピークに達してしまいます。

1日4時間以上の残業は、うつになる可能性が格段に上がってしまうんですよ。

また、厚生労働省が言及している「過労死ライン」が、この月80時間の残業(1日4時間以上の残業・12時間労働)です。

つまり、毎日4時間の残業を繰り返せば、過労死してしまう可能性があるということ。

心身が壊れてしまう確率が非常に高くなってしまうのが、この4時間の残業です。

 

毎日の残業が5時間(月100時間)

毎日の残業が5時間だと、20日間働いたとして月100時間の残業ということになります。

過労死ラインを超えてさらに残業させられるため、心身がおかしくなる可能性がさらに上がるんですよね。

毎日5時間もの残業だと、ただ仕事するだけの毎日となり、心と体はボロボロになってしまいます。

病気になって倒れて動けなくなる前に、なんとか逃げ出した方が良いレベルですね。

残業を投げ出したい男性

残業時間を比べてみたところ、こんな結果になりました。

  • 毎日残業1時間・・・通常の残業時間の範囲。
  • 毎日残業2時間・・・少々きついがなんとかできる範囲。
  • 毎日残業3時間・・・心身の健康を損ね始める。
  • 毎日残業4時間・・・過労死ラインに到達。
  • 毎日残業5時間・・・過労死ラインを軽く越えて本当に死ぬレベル。

毎日1~2時間の残業ならOKですが、毎日3~5時間の残業は健康に影響が出て病気になる確率が高くなってしまう、ということですね。

 

気をつけて!毎日の長時間残業によるデメリット

長時間残業で助けを求める手

残業ばかりの毎日には、いろいろなデメリットが発生します。

「仕事なんだからしょうがない!」なんて諦めて、そのまま長時間の残業を続けていると、とんでもないことになってしまうかもしれませんよ。

 

睡眠不足と疲労

残業がたとえ1時間でも2時間でも、それが毎日続けば疲労もたまりますよね。

人によっては3時間も4時間も残業しますが、それが続くと睡眠時間も少なくなり、疲れが蓄積していきます。

毎日眠い目をこすりながら、体を引きずるようにして出社している人も、実は少なくありません。

長時間の残業は、睡眠不足と疲労を引き起こすデメリットがあります。

 

気力やヤル気の低下

毎日の残業が長時間続くと、気力やヤル気も低下していきます。

特に長時間の残業が続く人は、目から生気が失われてしまうことも・・・。

仕事の効率も悪くなるほど、気力とヤル気が消えていってしまうのもデメリットの一つです。

 

健康が損なわれる

長時間の残業が毎日続くと、当然健康にも影響を及ぼし始めます。

特に毎日3時間以上の残業を続けると、病気になりやすくなるんですよね。

脳卒中や心疾患、うつなどの発症率も高くなるため、長時間の残業は危険です。

心身の健康を破壊してしまうのも、長時間の残業のデメリットですね。

 

自分の時間が持てない

毎日残業ばかりだと、平日は自分の時間がほとんど持てないことが多いです。

1時間くらいの残業ならギリギリ大丈夫ですが、2時間の残業になったらプライベートな時間はほとんど持てなくなりますね。

平日はほぼ仕事のみになり、休日しか自分の時間が持てなくなってしまいます。

毎日3時間以上の残業の人は疲労度がアップし、休日は寝てばかり・・・なんてことになる人も。休日すら遊べない日々です。

長時間残業の日々は、プライベートな時間を奪っていくこともデメリットでしょう。

 

サービス残業ならお金も貯まらない

残業代が支払われているなら、残業があってもまだ良いですよね。

残業代が支払われないサービス残業なら、悲惨です。。

長時間労働してもお金が貯まらないなら、「なんのために働いているんだろう?」って悲しくなりますよね。

「長時間残業させるなら、せめてお金くらい払ってくれよ!」と切に思います。。

 

毎日長時間の残業がある会社で働く際の対処法

残業から身を守る女性

毎日長時間の残業を余儀なくされるなら、自分で身を守るしかありませんよね。

長時間の残業がある人は、以下のような方法で対処しましょう。

環境によっては使えない方法もありますが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

必要以上に残業しない

必要以上の残業はしないと決めて、自分の決めた時間に帰社するようにしましょう。

例えば、「19時までには仕事を終わらせて帰る!」など、目標の時間を決めるんです。

自分が今日やらなければいけない仕事だけは終わらせ、それ以外は明日やると決める。

自分の仕事さえ終われば、帰っても文句は言われませんよね。

ダラダラ残業するのではなく、帰る時間を先に決定し、それまでに仕事を終わらせると決めてみましょう。

 

残業を減らすために作業計画を練る

ただなんとなく仕事をしていると、早く終わる仕事すら時間がかかってしまいます。

残業時間を減らすためには、仕事の効率を上げるのも大事ですよね。

早く帰るために、作業の計画を事前に練ってから取り組んでみましょう。

仕事の効率が良くなると、1時間かかっていた仕事を30分でこなせたりと、時短ができるようになります。

残業時間を減らすことにもつながるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

休憩時にはしっかり休む

忙しいと休憩時間すらろくに取らず、仕事してしまう人もいます。

ご飯を食べながら仕事したりとか、休憩なしで何時間もぶっ通しでパソコンに向かったりとか・・・(私もよくやりました)

でも、休憩時間をしっかりと休んだ方が、実は効率が良くなります。

休憩を取らないで仕事を続けていると疲労がたまり、仕事の効率がどんどん悪くなるんですよね。

休憩時間はしっかり休んだ方が、気力やヤル気も復活して、効率よく仕事ができるようになります。

結果的にはその方が早く仕事が終わり残業時間も減らせるので、ぜひ休憩はしっかり取って、しっかり休んでくださいね。

 

上司に相談する

どんなにがんばっても残業時間が減らせないなら、そもそもの仕事量が多すぎる可能性があります。

そんな場合は、上司に相談してみるのも一つの方法ですね。

「残業時間(仕事量)をもう少し減らせないか」ということを、相談してみるんです。

聞いてくれない上司もいますが、それならさらに「上司の上司」に相談してみるのも有りですね。

ちゃんとした会社なら、「上司の上司」が上司になんとかするように言ってくれますよ。(私はこれで、仕事の一部を他の人に分担してもらったことがあります)

言えるような環境なら、上司(もしくは上司の上司)に話して、残業時間を減らす方向に動いてもらいましょう。

 

周りの目は無視して先に帰る

仕事を効率よく進めて終わらせたとしても、他の人が残業しているので帰れない・・・なんてこともありますよね。

残業するのが当たり前な雰囲気で、「自分の仕事を終わらせたんなら他の人の仕事を手伝うべきだ」というくらいの環境。これだと、どんなにがんばっても帰れないですよね。

仕事がなくてもなんとなく会社に残っていたり・・・なんてことも。

こんな状況なら、周りの目を気にせず先に帰ってしまうというのも有りです。

そうしないと、いつまでたっても残業しないで帰ることができないですよね。

確かに、上司や同僚から変な目で見られる可能性はあります。

それを気にしない人だけが使える手段ですよね。怖くてなかなか出来ない人も多いと思います。

でも、気にせず帰ってしまって良いんですよ。

そんなことでとやかく言う方がおかしいんです、本来。

自分の仕事さえこなしているんなら、堂々と帰宅してください。

とっとと帰って自分のプライベートな時間を楽しむ方が、よっぽど有意義です。

 

休日は疲労回復に集中する

休日は遊びまわりたくなるかもしれませんが、長時間の残業を毎日している人は、できるだけ疲労回復に力を入れましょう。

家で一日中寝たり、ゴロゴロして疲れを取ったりするのも良いですね。

マッサージにいったり、アロマテラピーを受けたりするのも良いでしょう。

お金を使ってでもとにかくリフレッシュすること、疲労回復することに集中してください。

そうすれば気力が復活して、また明日からの長時間残業にも取り組めるようになります。

 

第三者機関に相談する

あまりにも長時間の残業が続く場合は、労働基準監督署や全国労働組合総連合などの、第三者機関に相談するというのも一つの方法です。

労働基準監督署は国の機関で、長時間労働をさせている会社に立ち入り調査をしてくれます。

全国労働組合総連合は労働組合のトップであり、より労働者側の立場になって相談に乗ってくれますよ。

どちらでも良いので、まずは相談してみましょう。

特に労働基準監督署の立ち入り調査があれば、残業時間が改善されることがほとんどです。

あまりにも酷い労働環境なら、こういった第三者機関の力を借りるのも必要ですよ。

会社自らが環境を改善しない場合は、労働基準監督署や全国労働組合総連合をぜひ頼ってみてくださいね。

 

転職する

残業があまりにも辛く感じたら、転職するのも選択肢の一つです。

残業が何時間だろうと、自分が「辛い」と感じるなら、それはあなたに合っていない仕事なんですよ。

体力が限界だったり、プライベートな時間が全く持てないことが辛かったりと、理由は人それぞれだと思いますが、「辛くて辞めたい」と思うならそれが本音ですよね。

定時に帰れる仕事は山ほどありますし、残業がほとんどない仕事だってたくさんあります。

17時~18時の、帰宅ラッシュの電車に乗って帰宅するのが当たり前の人だっているんですよ。

どうせ仕事をするなら、早く帰れる仕事の方がいいですよね。

残業のない仕事に転職さえできれば、あなたも毎日早く帰ることができるようになります。

どうしても残業が辛いなら、定時に帰れる仕事に転職するのが一番良いでしょう。

通常の求人サイトより転職エージェントを活用した方が、定時で帰れる仕事を紹介してもらう確率が高くなります。

残業がない仕事に転職したいなら、ぜひ転職エージェントをチェックしてみてくださいね。

定時で帰れる仕事をチェックしたい人はこちら定時で帰れる仕事一覧
転職エージェントをチェックしたい人はこちら転職エージェント一覧

 

やめておいた方がいい!定時で帰れない・残業が多すぎる仕事一覧

定時で帰りたいと泣く男性

定時で帰れない仕事は多いですが、あまりにも長時間の残業を強いる仕事は、できれば避けたいところですよね。

どうしてもその仕事をやりたい人ならともかく、「長時間の残業なんてしたくない!」という人は、これらの仕事は最初から(もしくは転職時に)選ばない方が無難です。

それなら最初から「定時に帰れる仕事・残業が少ない仕事」を選んだ方がいいですもんね。

残業をできるだけしたくない人は避けた方が良い仕事には、以下のようなものがあります。

 

広告代理店

最大手の電通社員が過労自殺した事件により、その激務さが注目されている広告代理店。

残業時間が100時間を超えていても珍しくなく、普通だというから驚きのレベルです。

残業がない月なんか無いくらいですし、忙しいのが当たり前。

こんな広告代理店は、残業したくない人なら絶対に選んではいけない仕事ですね。

 

放送・新聞・出版業界

放送・新聞・出版業界は、テレビや新聞などに携わるいわゆるマスコミ業界ですね。

テレビ業界は多忙業務で睡眠不足も当たり前、ほとんど家に帰れないなんて人もいます。

新聞記者も激務で、朝から晩まで取材に追われて、残業時間は過労死ラインを余裕超え。

一見きらびやかな世界に見えますが、実際の業務内容は過酷そのものです。

好きでやりたい人はともかく、長時間の激務な残業をしたくないなら、絶対になってはいけない仕事ですね。

 

コンサルタント

コンサルタントとは、企業の経営上の問題を明らかにして、解決する助言をする職業のことを言います。

簡単に言えば、企業の抱える問題を改善するお手伝いをするお仕事ってわけですね。

激務であり、多忙な時期は終電で帰れることも少なく、土日出社も当たり前。

高年収で華やかな印象が強いコンサルタントですが、ハードな仕事であることは間違いないですね。

 

銀行・証券・保険

銀行や証券会社や保険会社も、残業が多いうえに激務です。

銀行は営業時間が短いので、残業が少ないようなイメージがありますが、実際は残業をしたり休日出勤をすることもありますね。

銀行員にはノルマもあるため、目標が達成できなければ残業が増えてしまうんですよ。

商業銀行だけでなく、投資銀行ももちろん残業は多く激務ですね。

証券会社も朝から晩まで忙しく、残業は当たり前の世界。

保険会社も、ノルマが達成できなければ残業や休日出勤は当然です。

銀行や証券、保険などの金融業界は一見華やかですが、激務なうえに残業も多く、高給だけどノルマも厳しいというのが現状ですね。

 

IT(SE)

IT業界、中でもSE(システムエンジニア)は残業時間が長い仕事です。

納期が迫れば残業は当たり前、残業100~200時間くらいという世界ですね。

SEは一見かっこいいイメージですが、激務なので残業したくない人は選ばない方が無難です。

 

看護師

責任が大きい上に激務、なおかつ残業時間も多いのが看護師ですね。

サービス残業も多く、報われないと感じている人も多い業界です。

ハードな仕事で残業代も出ないけど、それでも看護師になりたい!と思う人でなければ、勤まらないでしょう。

 

保育士

仕事量が多い保育士も、残業時間の多い仕事です。

保育士の平均残業時間は、なんと1日4時間ほど。しかもサービス残業です。

休憩時間もないに等しく、持ち帰り仕事も多いのが現状ですね。

残業が多いハードな職業の一つなので、絶対に残業したくない人は保育士も無理でしょう。

 

介護士

キツイ仕事である介護士も、残業は当然のように発生します。

サービス残業であることが多く、仕事内容もハードで大変な職業ですね。

介護士も、残業は当たり前にあると思っておいた方が良いでしょう。

「お年寄りが好きだから介護職に就きたい」という気持ちから介護士を目指す心優しい人もいますが、そんな心を打ち砕くほどの過酷な労働環境です。

 

飲食店

飲食店は、どこもかしこも長時間労働ですね。

拘束時間が過労死ラインを超えてしまうところもあり、しかもサービス残業であることがほとんど。

絶対に残業したくない人は、飲食業界の勤務も難しいと思います。

 

営業職

営業職は残業が多いですが、残業代はつかないことが多いですね。

「見込み時間外手当」や「営業手当」などを事前にもらっているので、その分残業代は出ないことがほとんどです。

残業代に相当する分を、前もって別の形で支払ってもらっているってことですね。

ただし残業時間は長いので、残業したくない人は営業職もやめた方がいいでしょう。

 

建設業

建設業も、長時間の残業が多いですね。

土日祝日すら休みではなく、現場監督だと月100時間以上の残業も当たり前。

サービス残業となることも多く激務なため、残業したくない人にはおすすめできない業界ですね。

 

運送業・宅配業

長時間労働なのに休憩時間もほとんどなく、残業時間も多いのが運送業や宅配業です。

トラック運転手や宅配業者の人は、ハードな仕事にも関わらず長時間の残業を強いられることが多いですね。

以前は高給でしたが今はそうでもないため、ただ残業が多くキツイだけの仕事となってしまいました。

 

教師

長時間労働なのに残業時間も長く、また残業代も出ないのが教師です。

65%を超える教員が、月80時間(過労死ライン)以上の残業をしているんですよ。

休憩時間もないに等しく、持ち帰り仕事や休日出勤も当たり前。

どんなに働いても教師には残業代は出ないので、教師の仕事に生きがいを感じる人以外には勤まらないと思います。

 

残業が少ない仕事に転職したい!正社員なのに定時で帰れる仕事一覧

定時で帰れる仕事に転職した男性

残業が多い仕事に疲れたら、今度は残業の少ない仕事に転職したくなりますよね。

できれば、定時で帰れる仕事に転職したいものです。

でも残業があまりない仕事・定時で帰れる仕事って、いったいどんな仕事なのでしょうか?

毎日残業ばかりの人からしたら、残業が少ない仕事や定時上がりの仕事があるって信じられないですよね。

でも、実際に17時~18時台の山手線は帰宅ラッシュなんですよ。あの光景を見たらビックリすると思います。。

そう、ちゃんと定時に帰れる仕事っていうのは存在しているんですよね。

その仕事を選んだら、あなたも17時18時台の電車に乗って帰宅する毎日を送れるかもしれませんよ!

 

公務員

公務員は、比較的残業がない仕事です。

残業があまりない仕事に転職したいなら、公務員を選択するのも良いですね。

各自治体の募集要項をチェックして、公務員へ転職するというのも有りです。

ただ、部署によっては残業が多いところもありますね。

私の知り合いの公務員はほとんど定時退社ですが、1人だけ毎日夜遅くまでの残業をしている方がいます。

公務員だからといって絶対に残業がないわけじゃありませんが、それでも多くの公務員は定時で帰れているんですよ。

民間の激務な職業に比べれば、早く帰れる確率ははるかに高いですね。

 

廃棄物処理

廃棄物処理の仕事は、朝8時~夕方17時までと決まっています。

最近はゴミが分別されるようになり、以前のように汚れる仕事ではなくなっているのも良いですね。

肉体労働だし臭いも気になりますが、残業がなく定時で帰ることができるのは魅力的です。

 

工場の作業員

工場の作業員は、残業が比較的少ないですね。

特に製造業の生産ラインなら1日の仕事量が決まっているので、定時で帰りやすいです。

暦通りの休みを取りやすかったり、有給休暇も消化しやすかったりと、働きやすい環境であることが多いですね。

 

事務職(一般事務・経理・総務・人事)

一般事務や経理職、総務職や人事職などは、どの企業でも比較的定時で帰れる仕事です。

多忙な時期は残業することもありますが、残業はかなり少ない職種ですね。

 

外資系の企業

外資系の企業は長時間しっかり残業してそうな感じがしますが、意外と違います。

むしろ海外では、「残業する=仕事が出来ない」こういう認識なんですよね。

中には外資系企業でも夜遅くまで仕事するところもありますが、多くの外資系企業は定時で帰ることがほとんどです。

 

BtoBの企業

BtoB企業とは、Business to Businessの略で、企業間取引を行う企業を意味します。

取引相手が一般消費者ではなく、対企業である企業のことを言いますね。

BtoB企業は優良企業が多く、残業も少ない狙い目な企業なんですよ。

一般消費者向けじゃないのでテレビCMをしておらず知名度は低いのですが、労働環境は良く好待遇な会社が多いんです。

高年収で残業もなく、ホワイト企業であることも多いので、BtoB企業はかなりおすすめですね。

 

【まとめ】もう残業したくないなら定時上がりの仕事に転職しよう

定時で帰れる仕事を紹介する転職エージェント

定時で帰れる仕事は、心身に負担が少ないので人気も高く、競争率も高いです。

上述したBtoB企業などは残業が少ないだけでなく、ホワイトで好待遇なことも多いのですが、知名度が低いため見つけること自体が難しいんですよね。

どこの企業がBtoB企業なのかもわからないし、そもそも求人そのものが表に出ていなかったり。。

BtoB企業のように定時退社できて、なおかつ年収も高く待遇も良い、そんな夢のような企業は意外と隠れて存在しています。

非公開求人となっていることも多く、自分一人では見つけることが難しいので、隠れ優良企業に転職したいなら、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

非公開求人でしか見られない優良企業を転職エージェントに紹介してもらい、ぜひ残業のない仕事ライフを手に入れてくださいね。

シェアをお願いします。

無料・1分で登録可能!転職エージェントランキング

圧倒的な求人数と高い内定率が強み
リクルートエージェント
5
運営会社株式会社リクルートキャリア
非公開求人約10万件
業務内容転職エージェント
リクルートエージェント

転職成功実績No.1の転職エージェント!

  • 豊富な求人数と高い内定率を誇る
  • 非公開求人数は10万件で業界No.1!
  • 企業との交渉力に優れていて内定率が高い

業界最大手の転職エージェントで、豊富な求人数があるリクルートエージェント。

優秀なキャリアアドバイザーが多く、内定率の高さはピカイチですね。

転職を考えたら、絶対に登録しておくべき転職エージェントです。

親身になってサポート
DODA(デューダ)
4.5
運営会社パーソルキャリア株式会社
非公開求人約8万件
業務内容転職エージェント
DODA(デューダ)

転職者満足度No.1転職エージェント

  • 担当の当たり外れが少ない
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 書類作成や面接対策も丁寧にサポート

担当者が親身になってくれるので、転職希望者の満足度が一番高い転職エージェントです。

サポートも丁寧でしっかりしているので、転職に不安を感じる人はDODAも必ず登録しておきましょう。

20代・第二新卒の転職に強い
マイナビエージェント
4
運営会社株式会社マイナビ
非公開求人約1.5万件
業務内容転職エージェント
マイナビエージェント

20代と第二新卒の転職に強い転職エージェント

  • 20代や第二新卒の転職に強い転職エージェント
  • 大手企業求人の人事担当者とのパイプあり
  • 専門領域・業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

国内最大級の転職支援実績を持つ、20代や第二新卒の転職に強いマイナビエージェント。

大手企業や優良企業の求人も豊富なので、こちらも必ず登録しておくべき転職エージェントです。

2018年版!転職サイト&転職エージェントランキング

  • 転職サイトフッターバナー画像